MENU
ぬくもりは、ハンドメイドや手作り実用書の出版社「ブティック社」のレシピを厳選して無料で公開しています。折り紙、工作、刺繍、パッチワーク、家庭菜園、園芸、DIYなど多ジャンルで展開中です。
超ミニ盆栽の基礎「基本情報、魅力、育てる過程」について

超ミニ盆栽の基礎「基本情報、魅力、育てる過程」について

「盆栽」は、見たことがあり言葉も知っているけれど、どんなものなのか詳しくはわからない、という人が多いのではないでしょうか。超ミニ盆栽について知りたい方に、簡単にわかるよう、イメージがわくよう、解説していきます。

perm_media 《画像ギャラリー》超ミニ盆栽の基礎「基本情報、魅力、育てる過程」についての画像をチェック! navigate_next

そもそも盆栽とは、「幹や枝に手を加え育てた鑑賞用の鉢植え」のこと。樹形をととのえ、小さな鉢の中に自然の景観を表現するところがふつうの鉢植えとの違いで、思いどおりに仕立てるには何年もの月日が必要です。
大きく育てていくためには、時間だけでなく場所や費用も必要で、そのため、盆栽は比較的時間などに余裕がある人の趣味として広まってきました。

つる性の植物をくるくると巻いた「マキマキ超ミニ盆栽」。盆栽初心者にもおすすめ。

それをもっと簡単に、時間をかけずに狭い場所でもできるようにと生み出されたのが「超ミニ盆栽」。超ミニ盆栽なら、苗木の用意ができればつくってすぐに飾って鑑賞できます。
しかも小さくてかわいいのが魅力。手入れをきちんとすれば長く育てていくこともむずかしくなく、成長や樹形の変化も楽しめます。超ミニ盆栽は、手軽につくって、育てて、飾ることが楽しめる、若い人や女性にもおすすめの趣味なのです。

*つくる楽しみ

植物をただ育てるのではなく幹の形など、自分の思うままにつくりあげていくのが盆栽の魅力。超ミニ盆栽なら、手軽に始められます。

*育てる楽しみ

放っておくとたちまち弱ってしまうけれど、それも超ミニ盆栽の魅力。手をかければ何年も成長しつづけ、経年の変化も楽しめます。

つくりたい樹形をイメージしながら、枝の管理。慣れてくれば、この作業も楽しい時間に。

写真左はマツの一年生、右は二年生。小さいながらも、時間を経るうちに風格が出てきます。

*飾る楽しみ

超ミニ盆栽は、雑貨のようなかわいらしさ。透明な小物入れや小皿など、身近なものを使って手軽に素敵に飾ることができます。

たくさん並べればかわいらしさが倍増。窓辺や棚の上、キッチンなど、飾る場所は自由です。

超ミニ盆栽づくりの段取り

大きな盆栽と比べるとずっと手軽につくれる超ミニ盆栽ですが、1日、2日でできあがるわけではありません。でも、その過程も盆栽づくりの醍醐味。手間をかけ、変化を観察し、楽しみながらつくってみましょう。

*まずは苗木を育てる

超ミニ盆栽用の小さな苗木は、お店では売られていないので自分で用意します。その方法は大きく分けて2種類。
ひとつは挿し木で増やす方法で、切り取った枝などを土に挿して発根させます。もうひとつは種子から育てる方法で、これは「実生」といいます。

超ミニ盆栽用の苗木は、アイビーなどつる性植物のように採取してすぐに使えるものもありますが、たいていは挿し木や実生で育てて1か月~1年ほどたってから苗木として使えるようになります。苗木は、すぐに超ミニ盆栽に仕立てずに苗木として育て続けても構いません。いくつかの苗木を育てておけば、いつでも、好きなだけ超ミニ盆栽がつくれます。

*超ミニ盆栽をつくる・育てる・飾る

苗木が育ったら、いよいよ超ミニ盆栽づくりです。小さな鉢に苗木を植えつけます。
ふつうの盆栽は、鑑賞できるように仕立てるまでに何年も必要ですが、超ミニ盆栽は植えつけたらもう完成です。その一方で、樹形をととのえたり、花を咲かせたり実をつけさせたりといった、盆栽ならではの醍醐味もちゃんと味わうことができます。

盆栽は、毎日の水やり、定期的な施肥や消毒、枝や根の管理をすることで、1年、2年と長く楽しむことができます。基本的には屋外で育てます。部屋に飾るのは1~2日程度にとどめておきたいところですが、ここぞというときにおしゃれでかわいいインテリアのように飾ることができ、目を楽しませ、心をなごませてくれます。

*【まめ知識】小さな盆栽は大きくはならないの?

2
この記事のライター
関連記事
多肉植物を育てるのは、他の植物に比べるととてもかんたんです。その理由は、暑さにも寒さにも強いからですが、もちろん生き物ですから最低限のお世話が必要です。ここでは育てるための最も基本の「必要な道具と材料」を解説しています。
195views 園芸レシピ
更新: 2022-08-12 12:00:00
秋冬野菜の苗づくりのやり方について分かりやすく解説しています。ここでは、人気の野菜、キャベツ・ブロッコリー・カリフラワー、ハクサイ・レタスを取り上げます。コツを理解して美味しい野菜を育てる準備をしましょう!
380views 園芸レシピ
更新: 2022-08-02 13:13:59
家庭菜園に役立つテクニックの中から、ここでは水はけを改善する方法をご紹介します。改善すると野菜は元気になります!初心者でもできる「上げ床畝」で水はけの悪さを改善しましょう!
806views 園芸レシピ
更新: 2022-06-13 12:00:00
お庭を素敵にしてくれるシンボルツリーとして人気の「ジューンベリー」について、特徴や育て方のポイントを解説します。さらに実際のお庭の様子も実例を写真付きでご紹介します!すぐに真似したくなるような素敵な庭ばかりですよ!
2112views 園芸レシピ
更新: 2022-03-26 12:00:00
季節によって畑仕事の内容は変わります。ここでは、冬におこなう、夏野菜の苗づくりに焦点を当てて、写真付きで解説していきます。水も温度も自然まかせ!地床でガッシリ苗を育てましょう!
2077views 園芸レシピ
更新: 2022-03-19 12:00:00
最新記事
テグス編みの基本がわかればチャレンジできる、簡単かわいいアクセサリーのレシピです。ピアスリングにパールを通しておき、そこにぐるりとビーズを編みつけるイヤーカフは、まるでフリルのように可憐です!
更新: 2022-08-15 12:00:00
のり・ハサミ不要でプラモデルを組み立てるように作れる自動販売機キット。 組み立てたら、自由に好きな色を塗ったり、写真を貼ったりして、自分だけのオリジナルの自販機に!
101views 本の紹介
更新: 2022-08-14 12:00:00
わくわく野山には、わんぱくな仲間たちがいっぱい!ここでは、昆虫の王様と呼ばれ、人気の高い、カブトムシの折り方をご紹介します!丁寧に折って、角はびしっとまっすぐになるよう注意しましょう!
更新: 2022-08-13 12:00:00
多肉植物を育てるのは、他の植物に比べるととてもかんたんです。その理由は、暑さにも寒さにも強いからですが、もちろん生き物ですから最低限のお世話が必要です。ここでは育てるための最も基本の「必要な道具と材料」を解説しています。
195views 園芸レシピ
更新: 2022-08-12 12:00:00
からだを締めつけることなく気持ちよく着られるおしゃれなシニア世代の洋服レシピをご紹介します。程良いボリューム感とロング丈が魅力のリネンのタックスカートは、中央から両サイドに向けて5本ずつタックを入れたデザイン。体型カバーもばっちり!
更新: 2022-08-11 12:00:00
boutique-sha_banner
sps_banner

ぬくもりのオススメ

orgami
disney_banner

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

楽しい!手芸の本がいっぱい!

get_app
ダウンロードする
キャンセル