MENU
ぬくもりは、ハンドメイドや手作り実用書の出版社「ブティック社」のレシピを厳選して無料で公開しています。折り紙、工作、刺繍、パッチワーク、家庭菜園、園芸、DIYなど多ジャンルで展開中です。
【パッチワーク道具】ベスト12選!人気グッズを大公開

【パッチワーク道具】ベスト12選!人気グッズを大公開

色や大きさの違う生地を継ぎ合わせて模様を作るパッチワークは、手芸の中でも人気の作品です。ここではキルティングやアップリケに使う便利な道具を紹介しています。また初心者でも作りやすい型紙の付いた小物の作り方も掲載中です。

perm_media 《画像ギャラリー》【パッチワーク道具】ベスト12選!人気グッズを大公開の画像をチェック! navigate_next

はじめに

いろんな形の布をつなぎ合わせて作る「パッチワーク」は、手芸の中でも人気のハンドメイドです。ふっくらとした温かみを感じるその雰囲気は、とても可愛らしく癒されます。また好きな布地を使うことで、他にはないオリジナルのデザインを楽しむことが出来ます。

そんなパッチワークですが、難しそうに見えて基本はとてもシンプル。手芸が苦手な方や細かい作業が苦手な方でも、小さな作品なら簡単に作ることが出来ちゃいます!
今回はパッチワーク愛好家にも使われていて、初めてパッチワークを始める方にもおすすめしたい、あると便利な道具を厳選して紹介しています。

また、ぬくもりで掲載しているパッチワーク作品の中から、型紙が付いていて作りやすい小物も紹介していますので、ぜひチェックしてみてくださいね♪

パッチワークツール

パッチワークを始める時に、まず何を準備したらいいのか迷いますよね。基本的には切って、縫うことが出来れば大丈夫だと思いますが、専用の道具を使うと作業効率が上がり、完成した作品も綺麗に仕上がります!

こちらには、パッチワークにあると便利な道具を厳選しています。気になる商品があったら、ぜひチェックしてみてくださいね♪

「Clover アイロン定規&コロコロオープナー セット」

布地に印つけたり長さを図る時に便利な定規と、アイロン代わりに折り目をつけられるコロコロオープナーのセットです。

アイロン定規は印付けはもちろん、縫い代を折り返す時や、角の丸みを使って形を合わせるのに重宝します。パッチワークはいろんなサイズのはぎれを使うので、形を調整するときに1つあると便利です。

またコロコロオープナーは、アイロンがない時に軽い力でしっかりプレスできる優れもの。折り目付けが手早くできて、作業効率が上がりますよ!

「Clover パッチワークボードマルチ」

便利な多機能アイロン台のご紹介です!これ1台で「しるりつけ台」「カッティングマット」「アイロン台」になる万能アイテム。

ボードは見開きになっていて、表は2倍の広さのアイロン台として利用できます。裏面はサンドペーパー付のしるしつけ台と、生地のカッティングマットになってます。使わない時は、半分の大きさで収納しておける所も嬉しいですね。

「Clover へらルレット」

キルトの印つけや、折り目付けにあると便利な回転式のヘラを紹介します。こちらはスムーズな回転で綺麗な線をつける事ができ、軸もぶれにくいので真っ直ぐな線をつけることが出来ます。

また、布地を傷めないようになっているので、キルティングの線をくっきり際立たせたい時や、生地にしっかり型をつけたい時におすすめです。疲れにくいデザインで力も入れやすく、重ねた布地でもズレずに使うことが出来ます。

「Clover 3DシンブルL」

キルティングやアップリケの時に使う「シンブル(指ぬき)」は、針を持つ手の中指にはめて、指の頭を押すようにして縫うときに重宝します。

この3Dシンブルは指の形にフィットする立体縫製されており、トップからサイドまで自由に使える万能デザインです。腹の部分は全面二重皮なので安心して使うことが出来ます。

こちらは皮製ですが、メタルシンブル(金属)やラバーシンブル(ゴム製)もあり、形状や大きさも豊富にあるので、用途と自分の手のサイズにあったものを選びましょう!

「キルティング上手になるためのコツ」

キルト針

パッチワークに使う針は、用途によって使用する針の太さや長さが異なります。今回はそれぞれの作業に適した針を厳選して紹介しています。

ピーシング用「Clover パッチワーク針セット 10本入り 」

「ピーシング」とは、カットした布同士を縫い合わせる工程で、パッチワークでは最初に行います。

こちらはピーシングに適した長さの針が4種類厳選されている、シャープな針先のパッチワーク・キルト専用針です。また太さも3種類から選ぶことが出来ます。

キルティング用「Clover キルティング針セット」

「キルティング」とは、2枚の布を重ね合わせて、間に綿などを入れて縫い合わせる手法です。

厚みのある布地を縫うキルティングには、細くて短めの針が適しています。こちらには長さが違う専用針が2種類入っているので、作業によって使い分けることが出来ます。

アップリケ用「Clover アップリケ針 ブラック 2種セット 10本入り」

「アップリケ」とは、布をまつり付けることで、主にたてまつりで縫い付けます。

あまり縫い目が出ない方が綺麗に仕上がるアップリケには、より細くシャープな針が向いています。こちらの針は、布通りがいいように針先が研磨加工されていて、細かく美しく縫える針になっています。長さも2種類を使い分けることができます。

しつけ掛け用「Clover キルトしつけ針」

「しつけ掛け」とは、表布、キルト芯、裏布の3枚を重ねて、キルティングするときにずれないように、しつけ糸で仮縫いしておくことです。

しつけ掛けには太く長いくけ針を使います。くけ針とは、縫い目の糸が表から見えないように縫うとき(くけ縫い)に最適な長い針です。こちらは、しつけ掛け専用の2種類の針が5本ずつ入っているので、作品に合わせて使用できます。

キルト芯

生地に貼り付けたり挟むことで、キルティング特有のふっくらとした厚みを作れるキルト芯は、キルト綿と呼ばれることもある中綿のことです。

今回は定番のドミット芯と、片面に接着剤の付いた初心者でも使いやすいキルト芯をご紹介します。

「バイリーン ドミットタイプ キルト芯 厚手 96cm×100cm 」

ドミット芯と呼ばれるこちらはキルト芯の定番で、綿と裏打ち材の2層が一体になっています。キルトならではの立体感と美しいキルトラインを表現するのに欠かせません。

また、作業していてもヨレが少なく、針通しもいいので、正確なキルティングをすることができます。完成後は型崩れしにくいのでおすすめです。この厚手タイプは、クッションやタペストリー、ベッドカバー、ハワイアンキルトなどに向いています。

「バイリーン 片面のりつき 接着キルト芯 ハード 100cm×100cm」

こちらは、片面にのりがついたハードタイプのキルト綿です。アイロンを使って生地に接着できるので、しつけの手間を省くことができて作業効率が上がります。

ハードタイプは主に、トートバックやポーチ、アクセサリーケースなどの小物に向いていて、すっきり美しく仕上がります。ランチョンマットなどに使うソフトタイプもあるので、作品に合わせてキルト芯も使い分けて下さい。

キルティングフープ・枠

「フープ」とは、刺しゅう枠を大きくしたような形をしていて、キルティングをするときに枠に布を張って使います。パッチワークでは直径30~40cmくらいが使いやすい大きさです。

今回はスタンダードな円形のフープと、便利な半円のフープを紹介しています。

「Clover キルティングフープ 小 30cm」

厚みのあるキルト生地でも、しっかりと安定して固定できる幅広の25mm幅のフープです。ネジは使いやすい蝶ネジになっています。

こちらは、直径30cmですが38cmサイズもあるので、作品の大きさに合わせて選んでくださいね!

「【LH】半円フープ 40cm」

布端を固定できる半円フープをご紹介します。

この半円フープは、幅の狭いキルトにも使うことが出来ます。使い方はバーについた布に、キルトの端を安全ピンなどで固定して、キルティングしていきます。布端のキルティングには、とても便利な道具です!

初心者にもおすすめのパッチワークのお手本作品(型紙・作り方)

ぬくもりで人気の作品の中から、初心者でも作りやすいパッチワークをご紹介します。どの作品も可愛らしくお洒落で、パッチワークの魅力がたっぷり詰まっています!

どれも日常使いしすいデザインなので、ぜひ作ってみてください♪

きれい色のプリントで作る!『トートバッグ』

華やなパッチワークのトートバックをご紹介します。鮮やかな花や行き交う人々などの楽しい柄が、ラティスのような紫色のピースですっきりとまとめたデザインです。

持ち手が長めなので、手に提げても肩に掛けても使うことが出来ます。出来上がりサイズは29×36センチなので、日常使いにぴったりの大きさです。

人気のデザイン!『サンボンネット・スーの子供用チャーム』

パッチワークで人気デザイン「サンボンネット・スー」の作品をご紹介します。
こちらは子供が喜ぶネーム付きのチャーム。つつみボタン芯にスーとビリーをアップリケし、ストラップをつけました。レッスンバッグなどに付けると、とっても可愛いですよ♪

ファスナー&マチ付き!『リンゴのポーチ』

小物を入れるのにちょうどいいサイズのポーチのご紹介です。
こちらはレモン型のビーズを6枚つなぎ、リンゴの形にしている可愛いポーチ。へたと葉を付けるとまるで本物!水玉模様やハート、花柄など好きな生地で作ってみても楽しい。色味を変えて青リンゴにしてもかわいいですね。

おわりに

ここまでパッチワークで使うあると便利な道具や、おすすめの作品レシピについて紹介して来ましたが、気になるものはありましたか?

最初から全て揃えておく必要はないと思いますので、少しずつ自分にあったものを揃えてください。初心者の方なら、道具のセットも簡単に準備できて便利です。パッチワークを作り出したら楽しくて、夢中になってしまいますよ!

また、お気に入りの生地を使って作るのもおすすめ。世界に一つだけの、オリジナルを作品をお楽しみください♪

こちらもおすすめ

ぬくもりでは、こちらで紹介したレシピ以外にもパッチワーク作品を多数ご紹介しています。気になる方はぜひ、下のボタンからクリックしてチェックしてみくださいね!

友だち追加
関連記事
デザインを楽しみながら身に付けられるミサンガのレシピの中から、シンプルなミサンガに星型のスパングルをポイントにした、かんたんでオシャレなデザインをご紹介します! 三つ編みとたて裏巻き結びで編みましょう♪
更新: 2021-12-02 12:00:00
繊細な結び目が魅力の「タッチング結び」を上手に使って作る、デザイン性の高いストラップのレシピをご紹介します!輪の部分に手が通せるので、持ち歩くのにも便利! !お気に入りの小物に付けてくださいね。
更新: 2021-12-01 12:00:00
ハンドメイド初心者さんにおすすめ!ミシンが無くても大丈夫!手縫いだけでできる素敵なポーチの作り方を、厳選してご紹介していきます。どのレシピも並縫いができれば問題なし♪ファスナー付きで開閉も便利な使いやすい作品ばかりです。
更新: 2021-11-30 15:13:00
願いを込めて手首や足首に付ける「ミサンガ」。中でも人気のデザインの1つが「ハート」です。ここで紹介する作り方は、どれも初心者でもチャレンジできる簡単なものばかり。図案や編み図も無料で公開しているので気軽に作ってみましょう!
更新: 2021-12-01 13:45:14
ミサンガは願いをこめてつけるのはもちろん、アクセサリー感覚でも付けることができます!ここでご紹介するのは、おもちゃ感覚でつけたい可愛い腕時計のモチーフのミサンガです。パステルカラーでキュートな印象です!
更新: 2021-11-27 12:00:00
最新記事
畑に野菜の苗や種をまくためには「畝(うね)」が必要です。この畝をしっかり作ることで、野菜は安心して育つことができます。ここでは、ガッテン流の、すぐに植えることができる畝づくりの方法を解説していきます。
75views 園芸レシピ
更新: 2021-12-03 12:00:00
デザインを楽しみながら身に付けられるミサンガのレシピの中から、シンプルなミサンガに星型のスパングルをポイントにした、かんたんでオシャレなデザインをご紹介します! 三つ編みとたて裏巻き結びで編みましょう♪
更新: 2021-12-02 12:00:00
繊細な結び目が魅力の「タッチング結び」を上手に使って作る、デザイン性の高いストラップのレシピをご紹介します!輪の部分に手が通せるので、持ち歩くのにも便利! !お気に入りの小物に付けてくださいね。
更新: 2021-12-01 12:00:00
ハンドメイド初心者さんにおすすめ!ミシンが無くても大丈夫!手縫いだけでできる素敵なポーチの作り方を、厳選してご紹介していきます。どのレシピも並縫いができれば問題なし♪ファスナー付きで開閉も便利な使いやすい作品ばかりです。
更新: 2021-11-30 15:13:00
願いを込めて手首や足首に付ける「ミサンガ」。中でも人気のデザインの1つが「ハート」です。ここで紹介する作り方は、どれも初心者でもチャレンジできる簡単なものばかり。図案や編み図も無料で公開しているので気軽に作ってみましょう!
更新: 2021-12-01 13:45:14
sps_banner

ぬくもりのオススメ

orgami
disney_banner

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

楽しい!手芸の本がいっぱい!

get_app
ダウンロードする
キャンセル