MENU
ぬくもりは、ハンドメイドや手作り実用書の出版社「ブティック社」のレシピを厳選して無料で公開しています。折り紙、工作、刺繍、パッチワーク、家庭菜園、園芸、DIYなど多ジャンルで展開中です。
「ラディッシュ」の育て方・栽培のコツ(家庭菜園)

「ラディッシュ」の育て方・栽培のコツ(家庭菜園)

別名「ハツカダイコン」とい名がついている通り、収穫が早くて有名な野菜です。育てやすいので、家庭菜園初心者にもおすすめです。ここでは、育てるための基本情報、種まき時期から育て方、上手に作るためのコツなどを、丁寧にご紹介していきます。

perm_media 《画像ギャラリー》「ラディッシュ」の育て方・栽培のコツ(家庭菜園)の画像をチェック! navigate_next

ラディッシュとは?(特徴)

ラディッシュはダイコンの仲間です。形や色もかわいいので、サラダに彩をそえるのにぴったりです。赤や紫の色の他に、白いものや細長くなる品種もあります。

【基本情報】
・アブラナ科
・栄養/ビタミンC、アミラーゼが豊富
・性質/日なたを好む、水を好む
・病害虫/アブラムシに注意
・連作/可

種まきと収穫に適した時期

■種まき:3~5月頃、8~10月頃 ■収穫:5月~6月頃、9月~12月頃

※野菜作りにはそれぞれに適した時期があります。
※関東地方を基準としたものです。関東より暑い地方や寒い地方で栽培する場合は時期の調整が必要です。

育て方

1.タネを用意する

ラディッシュのタネは大きくてまきやすく、発芽しやすいタネです。

2.タネをまく

プランターの土に、タネをパラパラとまきます。タネとタネの間隔は2~3cmあけます。

3.水をたっぷり与える

タネが隠れる程度にごく薄く土をかけ、たっぷり水をやり、2~3日の間、日陰におきます。

4.発芽したら水やりをはじめる

2~3日で発芽します。発芽したら、日当たりのよい場所に移し、土の表面が乾いたら、たっぷり水をやります。

5.葉が込んできたら小さい苗を取り除く

葉が2~3枚になったら、小さい苗を取り除いて、葉と葉がふれ合わないようにします。これを間引きといいます。

6.土が乾燥しないようにする

土が乾燥するとアブラムシもつきやすくなるので、乾燥しないように水やりに注意します。

7.生育の悪い苗を取り除く

葉が込んできたら、生育の悪い苗を間引きます。残す苗の根元を手で押さえて、悪い苗を抜くようにします。

8.間引きはこめまに

間引きをしないと、全部悪い株になってしまうので、間引きはこまめにやりましょう。

9.根が太ってきたら収穫できる

根の直径が2cmぐらいで太っていれば、収穫適期です。

10.株ごと引き抜いて収穫する

収穫する時は、葉のつけ根をつまんで、上へ引き抜きます。残った株もすぐ大きくなります。

ラディッシュの美味しい食べ方

とれたての野菜を食べられることが、家庭菜園の最大の魅力ですよね!
赤と白のコントラストがかわいらしいラディッシュは、薄切りにしてサラダに入れるほか、丸ごと漬物にしても美味。
飾り切りにすれば、料理の引き立て役にもなります。

家庭菜園のレシピをもっと見たい方におすすめ!

「1年中楽しめる家庭菜園 野菜作り百科」では、今回紹介したレシピ以外にもたくさんの野菜作りのレシピをわかりやすく丁寧に紹介しております。

この記事のライター
関連記事
ラッカセイの育て方を解説します。タネまきから油断せずカラス対策をして育ていていくのがポイント。自分で育てないとなかなか食べる機会がない「生の落花生」を味わえるのも、家庭菜園の醍醐味です。収穫後の美味しい食べ方もご紹介します。
120views 園芸レシピ
更新: 2021-07-27 12:00:00
ごまは栄養素がたっぷりで、人気の食材の1つです。自分で育てるからこそ味わえる香ばしさもあります。ここでは、タネのまき方、メンテナンス、収穫、そしてゴマには欠かせないごみ取り作業について丁寧に解説していきます。
179views 園芸レシピ
更新: 2021-07-16 12:00:00
家庭菜園好きに知ってほしい、野菜づくりがもっと上手に、もっと楽しくなるアイテムをご紹介します。こちらでは夏野菜の保温育苗や、葉物野菜の防虫に便利な「プランターキャップ」について詳しく解説していきます。
141views 園芸レシピ
更新: 2021-07-13 12:00:00
生でも炒めても茹でても美味しい!あらゆる料理に重宝するキャベツを、家庭で育ててみましょう!ここでは、必ず知っておきたい基本的な情報や、育てる過程を1つずつ写真付きで解説していきます。
265views 園芸レシピ
更新: 2021-07-07 12:00:00
サラダはもちろん、前菜からお肉・お魚などのメインディッシュの脇役としてもよく目にするベビーリーフ。小さなスペースで栽培できる赤ちゃんの葉っぱのため、園芸愛好家からもとても人気のある野菜の1つです。ここではその特徴や育て方のコツを解説します。
298views 園芸レシピ
更新: 2021-07-02 12:00:00
最新記事
カラフルでキラキラ輝くビーズは、手作り作品では定番の材料です。特にネックレスは、簡単に作ることができ、見た目も華やかなことから満足度が高く、大人にも子供にも大人気!ここでは制作に必要な基本情報や、おすすめレシピを厳選してご紹介しています。
更新: 2021-07-31 12:00:00
日常生活には勿論、ハンドメイドやDIYで活躍する両面テープ。紙、布、車にも使用でき、とても役立ちます。後からはがせたり、超強力タイプ、透明など種類も様々!ここでは購入時の選ぶポイントや剥がし方、お勧め商品、参考になる制作レシピをご紹介します。
41views 工作レシピ
更新: 2021-07-30 16:33:47
1日1枚!楽しく脳を鍛えましょう!ここでは、男の子が喜びそうなクワガタやカマキリ、てんとう虫などがたくさん載ったマンダラ塗り絵(図案あり)をご紹介します(本誌には特別付録で「水ぬりえパレット」付き)!夏休みにおすすめですよ♪
108views ホビー
更新: 2021-07-30 12:00:00
切り花で楽しむことの難しいハイビスカス。暑い夏でも枯れないペーパーフラワーならいつでも楽しめます。部屋に飾れば、一気に夏らしさが出て、気分も上がりますよ♪
170views 工作レシピ
更新: 2021-07-29 12:00:00
日常の様々なシーンで使えるハンドメイドのワークウェアをご紹介します。ここでは、腕を汚れから守ってくれる「アームカバー」のレシピをピックアップ!エプロンやかっぽう着と一緒に使うと、お手軽に七分袖みたいに着られます♪
更新: 2021-07-28 12:00:00

ぬくもりのイチオシ!

orgami disney_banner

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

楽しい!手芸の本がいっぱい!

get_app
ダウンロードする
キャンセル