MENU
ぬくもりは、ハンドメイドや手作り実用書の出版社「ブティック社」のレシピを厳選して無料で公開しています。折り紙、工作、刺繍、パッチワーク、家庭菜園、園芸、DIYなど多ジャンルで展開中です。
「ラディッシュ」の育て方・栽培のコツ(家庭菜園)

「ラディッシュ」の育て方・栽培のコツ(家庭菜園)

別名「ハツカダイコン」とい名がついている通り、収穫が早くて有名な野菜です。育てやすいので、家庭菜園初心者にもおすすめです。ここでは、育てるための基本情報、種まき時期から育て方、上手に作るためのコツなどを、丁寧にご紹介していきます。

perm_media 《画像ギャラリー》「ラディッシュ」の育て方・栽培のコツ(家庭菜園)の画像をチェック! navigate_next

ラディッシュとは?(特徴)

ラディッシュはダイコンの仲間です。形や色もかわいいので、サラダに彩をそえるのにぴったりです。赤や紫の色の他に、白いものや細長くなる品種もあります。

【基本情報】
・アブラナ科
・栄養/ビタミンC、アミラーゼが豊富
・性質/日なたを好む、水を好む
・病害虫/アブラムシに注意
・連作/可

種まきと収穫に適した時期

■種まき:3~5月頃、8~10月頃 ■収穫:5月~6月頃、9月~12月頃

※野菜作りにはそれぞれに適した時期があります。
※関東地方を基準としたものです。関東より暑い地方や寒い地方で栽培する場合は時期の調整が必要です。

育て方

1.タネを用意する

ラディッシュのタネは大きくてまきやすく、発芽しやすいタネです。

2.タネをまく

プランターの土に、タネをパラパラとまきます。タネとタネの間隔は2~3cmあけます。

3.水をたっぷり与える

タネが隠れる程度にごく薄く土をかけ、たっぷり水をやり、2~3日の間、日陰におきます。

4.発芽したら水やりをはじめる

2~3日で発芽します。発芽したら、日当たりのよい場所に移し、土の表面が乾いたら、たっぷり水をやります。

5.葉が込んできたら小さい苗を取り除く

葉が2~3枚になったら、小さい苗を取り除いて、葉と葉がふれ合わないようにします。これを間引きといいます。

6.土が乾燥しないようにする

土が乾燥するとアブラムシもつきやすくなるので、乾燥しないように水やりに注意します。

7.生育の悪い苗を取り除く

葉が込んできたら、生育の悪い苗を間引きます。残す苗の根元を手で押さえて、悪い苗を抜くようにします。

8.間引きはこめまに

間引きをしないと、全部悪い株になってしまうので、間引きはこまめにやりましょう。

9.根が太ってきたら収穫できる

根の直径が2cmぐらいで太っていれば、収穫適期です。

10.株ごと引き抜いて収穫する

収穫する時は、葉のつけ根をつまんで、上へ引き抜きます。残った株もすぐ大きくなります。

ラディッシュの美味しい食べ方

とれたての野菜を食べられることが、家庭菜園の最大の魅力ですよね!
赤と白のコントラストがかわいらしいラディッシュは、薄切りにしてサラダに入れるほか、丸ごと漬物にしても美味。
飾り切りにすれば、料理の引き立て役にもなります。

家庭菜園のレシピをもっと見たい方におすすめ!

「1年中楽しめる家庭菜園 野菜作り百科」では、今回紹介したレシピ以外にもたくさんの野菜作りのレシピをわかりやすく丁寧に紹介しております。

この記事のライター
関連記事
育苗土や資材購入する場合には、できるだけ安価なものは避け、信頼できるメーカーが製造販売するものを選ぶといいでしょう。ここでは編集部が厳選した商品をご紹介します!選ぶ時の参考情報として、ぜひお役立てください!
426views 野菜
更新: 2021-03-25 09:31:25
新発想!縦・横・仰向けの3パターンで行うユニークな培養土の袋栽培について、雑誌の読者さんから届いた成功事例とともに、ご紹介します。いずれも春から始められるものです。みなさんの菜園でも試してみませんか!
3049views 野菜
更新: 2021-03-25 09:21:40
冬は堆肥づくりに最適の時期です。ただ、堆肥づくりには体力がいりますし、手間もかかります。混ぜる、切り返す、木枠をつくり直すといった大変な作業を省きつつもおいしい野菜が採れる、良質な堆肥に仕上がる方法をベテラン菜園家の田中寿恭さんに教えてもらいました。
1047views 野菜
更新: 2021-02-26 12:00:00
野菜の中でももっとも親しまれている中国の健康野菜!高温で一気に過熱すると鮮やかな色になる特徴があり、食卓を華やかにしてくれます。油炒め、煮食、漬物などに最適!トウ立ちする前に収穫するのがポイント。育て方について丁寧に解説していきます。
830views 野菜
更新: 2021-03-29 10:18:51
1坪でできる野菜作りの中から、おすすめのレシピをご紹介!ここでは、煮っころがしなどでおなじみの「サトイモ」の基本情報、種まき時期、育て方など、上手に作るためのコツを解説していきます。暑さに強く乾燥に弱いのが特徴です。
1401views 野菜
更新: 2020-10-11 12:00:00
最新記事
英語で「Edible=食べられる)」と「Flower=花」と書く、食用のお花を育ててみましょう!おしゃれで可愛いエディブルフラワーは、食卓を華やかに彩ってくれます。口に入れる物なので、農薬を使わずに育てるのがポイントです。
50views 園芸
更新: 2021-05-17 12:00:00
「がま口」というとお財布のイメージがありますが、デジカメ入れとしてもちょうど良いんです!ここでは、水玉のプリント地で、便利なストラップ付きのレシピをご紹介します。カメラを守るために、キルト芯を挟んでしっかりとした仕上げになっています♪
206views 布小物
更新: 2021-05-16 12:00:00
袋布(ふくろぬの)は、切りポケット(表地に切り込みを入れて作ったポケット)などで内側に付けられた、袋状の布のことをいいます。厚すぎないしっかりとした布地で作られることが多いです。ここでは、作り方について。画像付きで解説していきます。
更新: 2021-05-16 11:50:00
動きやすくてキュートな、ショートパンツ型のブルマ!ここでは、リボン柄のニット地が大人っぽく、脇のリボンがかわいい、およばれのシーンにもぴったりな作品のレシピをご紹介します。出産祝いのプレゼントにも良いですね!
更新: 2021-05-15 12:00:00
指先運動にもなる「折り紙手芸」のレシピ。ここでは、ふんわりしたスカートがかわいいドレス人形を紹介します。一見難しそうですが、手順通りに丁寧に進めていけば、大丈夫!好きな色のパーツを使ってアレンジしてみても良いですね♪
更新: 2021-05-14 12:00:00

ぬくもりのイチオシ!

orgami disney_banner

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

楽しい!手芸の本がいっぱい!

get_app
ダウンロードする
キャンセル