MENU
ぬくもりは、ハンドメイド・手作り作品の作り方をご紹介するサイトです。 子どもや初心者さん向けの簡単でかわいいものから、上級者向けのレシピまで取り揃えています!
ミニーの笑顔がかわいい「ディズニーニットマット」作り方

ミニーの笑顔がかわいい「ディズニーニットマット」作り方

ミニーの笑顔が素敵なニットマットのレシピです。四角形タイプの基本的な形になります。ダイニングの椅子や車などにご利用ください!

必要な材料と用具

【材料】
・ハマナカ ボニー
 赤(404)125g
 イエローベージュ(406)95g
 黒(402)68g
 白(401)18g
 濃ピンク(474)17g

【用具】 
・ハマナカ アミアミ両かぎ針ラクラク 7.5/0号- 9/0号

編み方の手順

★糸は1本どりで編みます。 
1.土台(裏面)を編みます。
2.表面の模様を編みつけます。
3.縁編みを編みます。

土台

*土台の編み方図

★鎖の作り目のみ、きつくならないように9/0号針で編み、細編みは7.5/0号針にかえて編む

*土台の編み方

※分かりやすくするために、配色をかえています。

1.土台を編みます。作り目のみ、かぎ針は9/0号を使い、指定の糸で鎖編み49目を編みます。

2.1段めは、かぎ針を7.5/0号にかえて、立ち上がりの鎖1目を編み、作り目49目の鎖目の裏山のみを拾って、細編みを1目編みます。

3.細編みを1目編んだら、続けて49目まで編みます。1段めが編めたところです。

4.増減なく44段まで編みます。横長の土台が編めたところです。(分かりやすくするために、作り目の配色をかえています。)

表面(アーチ編み)の図

*表面(アーチ編み)の編みつけ模様図

*土台への編みつけ位置

*ミニー 表面(アーチ編み)の編み方図【7.5/0号針】

表面「四角形タイプ基本」(アーチ編み)の編み方

*拾い目

★分かりやすくするために、配色をかえています。

1.かぎ針に最初の目を作ります。作り目の残った2本を拾い、針に糸をかけて矢印のように引き抜きます。

2.引き抜いたところです。

3.1の要領で、土台の作り目を拾って、引き抜き編みをします。

4.土台の作り目49目に、拾い目の引き抜き編みをしたところです。

*往路(長々編み)<1段め>

5.1段めを編みます。右端の立ち上がりの鎖2目を編みます。

6.長々編みをします。針に糸を2回かけ、矢印のように拾い目の頭目2本に針を入れます。

7.針を入れたら糸をかけて、矢印のように引き出します。

8.引き出したら針には4ループかかります。次に糸かけて矢印のように、針にかかった2ループを引き抜きます。

9.針には3ループ残ります。さらに糸をかけて、矢印のように2ループを引き抜きます。

10.針には2ループ残ります。さらに糸をかけて、矢印のように2ループを引き抜きます。

11.長々編み1目が編めた所です。

12.6~11をくり返して、1段めの長々編みが編めたところです。

* 復路(すじ編みの引き抜き編み)<2段め>

13.鎖1目を編み、その目を引き締めます。

14.編み地を縦に向けます。次に、13の矢印のように長々編みの頭目の手前1本を拾います。

15.続けて、土台の2段めに、矢印のように針を入れます。

16.土台の裏側で、針に糸をかけます。

17.表側へ引き抜きます。長々編みがたわんでアーチ状になります。これを「アーチ編み」と呼び、アーチ編みの1目が編めたところです。編み糸は、裏側にある状態になります。

18.14の要領で、長々編み2目めの頭目の手前1本を拾い、矢印のように土台2段めに針を入れて、裏側にある糸を針にかけて引き抜きます。

19.18の要領で、編み地の裏側で編み糸を持ちながら、土台の2段めに引き抜いていきます。※あまりきつくならないように編み進める。

20.2段めを49目まで編み、アーチ編みが1模様編めたところです。

*アーチ編みの編み込み<3段め>※両端以外での配色のかえ方

21.3段めは編みつけ模様図を参照して、鎖2目を編み、針に糸を2回かけて、次に矢印のように2段めの引き抜き編みの頭目2本を拾います。※右端から編み始める糸をA色とする。

22.長々編みを1目編んだところです。

23.長々編みを15目(指定の目数)編み、16目めは未完成の長々編みをします。※未完成とは、あと1回引き抜くと編み目が完成する状態のこと。

【配色がえの境目の編み方】
24.A色を休め、緩まないように必ず根元を押さえて針にB色の糸をかけ、未完成の目を引き抜きます。Aが緩んだら矢印のように引いて整えます。配色がえができたところです。

25.Aを後側に休めたまま、Bで長々編み1目を編みます。

26.次は、Aを編みくるみながらBで長々編みを編みます。※編み込み模様の2目めは、休めた糸を編みくるむ。

27.編み込みの2目めが編めたところです。裏側にAの糸が渡ります。

28.Bで長々編みを16目編みますが、休めた糸が裏側でつらないように、3・4目に一度Aを編みくるんで編み進めます。17目めはAを編みくるんで未完成の長々編みをします。

【●配色の糸の渡し方】
29.28の裏側は、写真のように糸が渡ります。※配色の糸の渡し方は、2目めと端目は必ず編みくるむ。

30.28の未完成の目は、Bを手前に休めて、Aを針にかけて引き抜きます。※配色の糸は、常に後側から持ってくる。

31.17目め未完成の目を引き抜き、配色かえができたところです。

32.BをAの手前から交差させ、針の後側で休めておきます。※この交差は、今編んでいる段で、この先、同色を使用しない場合の休め方。

33.Aで残りの長々編み16目(指定の目数)を編み進めます。

34.編み込み模様が1段編めたところです。

35.往路を編み終えるごとに糸始末をします。Bの編み始めの糸端をとじ針に通し、長々編みの裏側に糸始末をします。※上の写真は白糸で糸始末の通し位置を示しています。

*復路の配色糸の出し方<4段め>

36.4段めの復路(すじ編みの引き抜き編み)は、2段めの復路の要領で、土台の4段めに16目の引き抜きます。

37.休めておいたBはアーチ編みの中に渡して、復路を編んでいきますが、次の段の往路で編み込みの配色位置に、Bを外に出して休め、続けてAで復路を編み進みます。

38.4段めの復路を右端まで編み、2模様のアーチ編みが編めたところです。

*往路の右端での配色のかえ方<17段め>

※①の配色のかえ方…すでに編み込みで使っている糸を次の往路で使う場合の配色のかえ方

39.編みつけ模様図を参照して16段まで編んだところです。次の往路の配色が右端で変わる場合は、アーチ編みの中を渡して、矢印のように右端に出します。

40.Aを休め、17段めの往路はBで立ち上がりの鎖2目を編みます。

41.次にAを折り返し、Bを針に2回かけ、前段の引き抜き編み目の頭目2本を拾って、Aを編みくるんで未完成の長々編みを編みます。

42.未完成の長々編みを編んだところです。

43.Bは休め、Aで引き抜いて長々編みを完成させて、配色かえができました。

44.編みつけ模様図を参照して、配色をかえながら編み込み模様で往路を編み進めます。

*復路<44段め>

45.43段めの往路が編めたら、44段めの復路の編み糸以外は、すべて35の要領で糸始末をします。

46.44段めは、長々編みの頭目の手前1本を拾い、土台の最終段の頭目の際に針を入れて引き抜いていきます。

47.表面の編み上がりです。横から見るとぷっくりとしたアーチ編みが並びます。

縁編みの図

*縁編みの編み方図 7.5/0号針 赤

*縁編みの編み方向

*でき上がり図

縁編み<基本>

*縁編み(引き抜き編み)<1段め>

48.土台最終段の足を拾って針を入れ、糸をかけて引き出し、糸をつけます。

49.次に、土台43段めに針を入れて、糸をかけます。

50.糸を引き抜き、次は表面復路の左端1目めで引き抜いた同じ目の土台のみに、矢印のように針を入れます。

51.糸をかけて引き抜きいたところです。次は、土台の目に矢印のように針を入れて引き抜きます。

52.縁編みの編み方図を参照して、49~51をくり返して、左側の土台に引き抜き編みをしていきます。

53.左側の土台に43目引き抜き編みをしたところです。

54.続けて、土台の作り目49目の残った2本を拾って、引き抜き編みをします。

55.左側と作り目側(下側)の二辺に、矢印のように引き抜き編みが編めたところです。

*縁編み(細編み)<1段め>

56.右下角は立ち上がりの鎖1目を編み、49目め(★)を引き抜いた同じ目を拾って細編みを1目編みます。

57.右側は、編みつけ模様の立ち上がりの鎖目を編みくるんで土台の端の足を拾って、矢印のように引き出し、細編みを編みます。

58.右端に、1目めの細編みを編んだところです。

59.次は、立ち上がりの鎖目を編みくるみ、復路で最後に引き抜いた土台の同じ目に針を入れ、糸を引き出して細編みを編みます。

60.さらに、59と同じ立ち上がりの鎖目を編みくるみ、土台の足を拾って細編みを編みます。アーチ編みの長々編みの間で2目ずつ立ち上がりの鎖目を編みくるんで、細編みを編んでいきます。

61.右端の細編み1段の縁編みを編んだところです。

62.右上角には、細編みを4目編み入れます。

63.続けて、上側は編みつけ模様の最終段のすじ編みの引き抜き編みと同じところに針を入れて、復路の引き抜き編み目を編みくるんで、1目ずつ細編みを編んでいきます。

64.左上角には、矢印の位置に細編み4目を編み入れます。

65.細編み4目を編んだところです。

*縁編み(細編み)<2段め>

66.続けて、左側の縁編み2段めは、53で引き抜いた目を編みくるんで、土台を拾って細編みを編みます。

67.細編みを編んだところでます。

68.アーチ編みの長々編みの間で、細編みを2目ずつ編みます。

69.下側まで細編み1段を編んだら、左下角には細編み4目を編み入れます。

70.細編み4目を編み入れたところです。

71.続けて、下側の縁編み2段めは、引き抜いた目を編みくるんで、土台の作り目を拾って細編みを47目編みます。

72.右下の角は、細編み2目を編みます。

*チェーンつなぎ

73.糸端は15cm残して切り、72でかぎ針にかかった糸を引き出します。(分かりやすくするために、引き出した糸の配色をかえています。)

74.引き出した糸をとじ針に通し、56の右下角の細編みの頭目を針ですくって引き出します。

75.さらに、73の糸端を引き出した目に上から通して目を整えます。チェーンつなぎができたところです。

*でき上がり <四角形タイプ>

76.裏側で目立たないように糸始末をして、ミニー(四角形タイプ)のでき上がりです。裏面には2段ごとに引き抜き編みの裏山が見えます。

かぎ針編みのニットマットのレシピをもっと見たい方におすすめ!

「ぷっくりディズニーニットマット」では、今回紹介したレシピ以外にもたくさんのかぎ針編みのニットマットのレシピをわかりやすく丁寧に紹介しております。

関連するキーワード
関連記事
人気のディズニープリンセスシリーズのなかから、赤いバラのモチーフがアクセントになった、オーロラ姫のニットマットの作り方をご紹介します!前髪のカールはチェーンステッチ(引き抜き編み)で表現しています。ぷっくりしている薔薇もおしゃれ!
こどもやじぶん用にランチタイムが待ち遠しくなっちゃう可愛いランチョンマット。くまのプーさんとピグレットをクロスステッチで刺しゅうします。
市販のフレームにプリンセスの刺しゅうを収めれば、立派なインテリアになります!女の子の部屋に飾るのにぴったりですよ♪ここでは人気のラプンツェルをピックアップしてご紹介します。
アリスの可愛いブックカバー。毎日の読者がもっと楽しくなりそう!人気のディズニーKIDEAシリーズからとっておきのレシピをご紹介します!
人気ツムツムキャラクターの中からドナルドのニットマットの作り方をご紹介します!ツムツム形の土台に尾羽をアップリケしていきます。ころんとした形が愛らしく、思わず笑顔になってしまいますね。
新着レシピ
野菜の中でももっとも親しまれている中国の健康野菜!高温で一気に過熱すると鮮やかな色になる特徴があり、食卓を華やかにしてくれます。油炒め、煮食、漬物なのに最適!トウ立ちする前に収穫するのがポイント。育て方について丁寧に解説していきます。
61views 野菜
以前100円ショップで買った可愛い手ぬぐい。これさえあれば、キャラメル包み型のシンプルなポーチがあっという間に作れてしまいます!ぽてっとした形も愛らしく、プレゼントにも喜ばれそうな作品ですね。
707views 布小物
エコクラフトRを使って作品を作るときに役立つ基本の編み方の中から、「井桁底」について解説します。ベースひもを井桁に組み、底面を編むことを井桁底といい、作品の基礎になることも多いので、覚えておきましょう!
カジュアル感とエレガント感が絶妙に融合したマキシスカートのレシピです。前中心には前立て風の飾りをつけました。程良くハリのある生地を使っているので、フレアの生み出すドレープの立体感が美しく表現できます。ウエストはゴム仕立てでラクな着心地に!
花の寄せ植えや家庭菜園など、園芸を楽しむ時に欠かせないのが「ガーデニング手袋(グローブ)」です。ケガや害虫、時には紫外線からお肌を守ってくれるので、ひとつ持っていると重宝します!ここでは種類や使い方を詳しく紹介しています。
161views 工具・道具

ぬくもりのイチオシ!

orgami disney_banner

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

楽しい!手芸の本がいっぱい!