MENU
ぬくもりは、ハンドメイドや手作り実用書の出版社「ブティック社」のレシピを厳選して無料で公開しています。折り紙、工作、刺繍、パッチワーク、家庭菜園、園芸、DIYなど多ジャンルで展開中です。
「ダイコン」の育て方・栽培のコツ(家庭菜園)

「ダイコン」の育て方・栽培のコツ(家庭菜園)

サラダやおでんなど食卓によく出てくる野菜の1つ、大根。実は日本は世界一のダイコン消費国と言われているんです!ここでは、家庭菜園の基礎情報として、種まきの時期などの基本情報から、育て方、おすすめのレシピを、丁寧にご紹介していきます。

perm_media 《画像ギャラリー》「ダイコン」の育て方・栽培のコツ(家庭菜園)の画像をチェック! navigate_next

ダイコンとは?(特徴)

煮ものやお漬物など、さまざまな料理で大活躍する野菜。品種はたくさんありますが、「宮重総太り」や「大蔵」などの品種が作りやすいでしょう。寒さに強いが厚さに弱いので、タネは秋まきがおすすめです。

【基本情報】
・アブラナ科
・栄養/葉にはビタミンA・C、根にはビタミンCやアミラーゼは豊富
・性質/日なたを好む、寒さに強く暑さに弱い
・病害虫/モザイク病、アブラムシに注意
・連作/可

種まきと収穫に適した時期

■種まき:4月頃、8月~9月頃 ■収穫:6月頃、10~12月頃

※野菜作りにはそれぞれに適した時期があります。
※関東地方を基準としたものです。関東より暑い地方や寒い地方で栽培する場合は時期の調整が必要です。

上手に作るためのポイント

★土を深く細かく耕す
土の中に石ころや大きな土のかたまりがあると、ダイコンの表面がデコボコになったり、股根(先が二股に割れた根)になってしまいます。土は深く耕し、土を細かくしておきましょう。

★夏の高温期を避ける
ダイコンは、暑いと病害虫が発生しやすくなります。特に、秋まきのとき早くまきすぎると病害虫が発生しやすいので、タネまきを遅らせ、生育の早い早生の品種を作るようにしましょう。

★収穫のタイミング
収穫が遅れるとスが入ってしまいます。葉を折ってみて中がスカスカだと、根もス入りになってしまいます。スが入らないように早めに収穫しましょう。

育て方

1. 土を改良する

ダイコンは酸性には強いのですが、病害予防をかねて、畑に、1平方メートルあたり苦土石灰を150gをまいて、よく耕します。

2. 土を深く耕す

ダイコンは根が深く入るので、畑の土を深く耕して、やわらかくしておきます。

3. 元肥を入れる

タネまきの1週間前に、1平方メートルあたり硫安100g、過リン石灰100g、硫酸カリ20gをまき、土によく混ぜながら耕し、幅90~120cmのうねを作ります。うねの間に堆肥を1平方メートルあたり500g施します。

4. タネをまく溝を掘る

うねに深さ5mmの溝を掘ります。これがタネをまくまき溝になります。溝と溝の間隔は、40~50cmあけます。まき溝にたっぷり水をかけ、害虫駆除剤をまいておきます。

5. タネをまく

まき溝の中に、1~2cm間隔となるように、1粒ずつタネをまきます。タネをまき終わったら、土を2~3cmかけ、もう一度水をやります。

6. 不織布をかける

不織布などの薄い布で覆います。針金や竹でフレームを作り、不織布をかけて、裾を土でおさえます。

7. 発芽

タネまき後に4~5日で発芽します。子葉がハート形になっているのがよい苗です。

8. 込んでいる部分を取り除く

葉が2~3枚になったら、葉が込み合っている部分を抜き取ります。これを間引きといいます。良い苗の根元をおさえて、よくない苗を間引くとうまくできます。

9. 間引きしたものを利用する

葉が5~6枚になったら、1株1本に間引きして、株と株の間(株間)を30cmあけます。この段階で、寒冷紗を取り除きます。間引きしたもの(間引き菜)は、葉ダイコンとして、おひたしなどに利用できます。

10. 土を寄せる

間引いた後は苗が倒れやすいので、根元に土を寄せてやります。これを土寄せといいます。

11. 土寄せする

間引きや追肥の後は、葉の根元に1/3がかくれるぐらい思い切って土寄せします。

12. 肥料を追加する

タネまき後20日ぐらいのときに、肥料を追加します。これを追肥といいます。硫安などのチッソ肥料を、うねの肩(うねの両側)に、長さ1平方メートルあたりひとつかみまきます。

13. 生育

中心部の葉が横に広がり、外側の葉が垂れてきたら、収穫適期です。

14. 収穫する

根の上部を両手でつかんで、上へ引き抜きます。

ダイコンの美味しい食べ方

収穫したものは、その日のうちに食べると、一番おいしく食べられます!野菜スティックとして、マヨネーズやお味噌をつけて食べるも良し!おでんなどの煮込み料理にもいいですね!

家庭菜園のレシピをもっと見たい方におすすめ!

「1年中楽しめる家庭菜園 野菜作り百科」では、今回紹介したレシピ以外にもたくさんの野菜作りのレシピをわかりやすく丁寧に紹介しております。

この記事のライター
関連するキーワード
関連記事
家庭菜園を楽しむ人のためのノート式ダイアリー。野菜別で1作ごとの記録が書き込めるほか、作業日記や菜園家計簿としても使えます。さらに人気野菜の栽培手順もチェックできる、機能性の高いダイアリーです。
195views 園芸レシピ
更新: 2021-06-13 12:00:00
ビワを家庭で育てて収穫しましょう!ビワは長崎県産(長崎早生)や千葉県産(茂木)が有名です。瑞々しく甘みもあり、1つで十分な食べ応えがあります。ここでは、おすすめの品種、栽培カレンダー、育てるうえでの重要ポイントについて解説していきます。
251views 園芸レシピ
更新: 2021-06-14 14:18:24
甘くておいしいサツマイモは、家庭菜園で人気の野菜です。サツマイモでつくった「干しイモ」も人気のおやつ。保存食としても優れています。「干しイモ」づくり一筋の照沼勝浩さんに、栽培方法から教えてもらいました。
489views 園芸レシピ
更新: 2021-05-28 12:00:00
見た目の美しさとかわいらしさから、国内外で人気がある「苔玉」。ここでは、定番の桜や紅葉のほか、吊るして楽しむ「和モダン」な商品など、手軽に入手できて、楽しみながら育てられる、おすすめの苔玉を厳選してまとめました。
357views 園芸レシピ
更新: 2021-06-17 13:30:00
英語で「Edible=食べられる)」と「Flower=花」と書く、食用のお花を育ててみましょう!おしゃれで可愛いエディブルフラワーは、食卓を華やかに彩ってくれます。口に入れる物なので、農薬を使わずに育てるのがポイントです。
359views 園芸レシピ
更新: 2021-06-22 14:46:06
最新記事
ものづくりが初めての方にもおすすめの石粉粘土(せきふんねんど)で、かわいい動物を作りましょう!伏せのポーズでくつろいでいるシチュエーションの柴犬は、舌を出した上目づかいで、なんとも心をくすぐられます!
92views 工作レシピ
更新: 2021-06-24 12:00:00
お部屋で季節を感じるなら、アップリケやピーシングで表現したタペストリーがおすすめ。ここでは、シンプルなデザインで表現したアジサイのパターンを並べた作品をご紹介!ピンドットの水色、むらぞめのピンク、無地の濃い紫の絶妙な組み合わせが素敵です。
更新: 2021-06-23 12:00:00
立体から平面に形が早変わり!シンプルな立体ポーチに見えますが、ファスナーが底についていて大きく開きます。中身が一目で分かるので、普段のメイク道具が多い方でも手に取りたいものがすぐに見つけられて便利ですよ!
458views 布小物
更新: 2021-06-22 12:00:00
少しの時間で作ることができる、はぎれを使った小物のレシピ!ここではカラフルな木の葉型のコースターをご紹介します。コップの収まりが良いよう、茎に近い部分をつまんで立体的に形作りました。落ち着いた色合いながらもカラフルで、テーブルが華やかに!
285views 布小物
更新: 2021-06-21 12:00:00
楽しみながら編んで、軽やかに纏いたい、手編みのポンチョのレシピをご紹介します。ウエア感覚の被るポンチョは、たっぷりとフレア分があるので、動きやすくて重宝します。上品なパイナップル模様は、編み進めるのがとても楽しく、夢中になりますよ!
更新: 2021-06-20 12:00:00

ぬくもりのイチオシ!

orgami disney_banner

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

楽しい!手芸の本がいっぱい!

get_app
ダウンロードする
キャンセル