MENU
ぬくもりは、ハンドメイド・手作り作品の作り方をご紹介するサイトです。 子どもや初心者さん向けの簡単でかわいいものから、上級者向けのレシピまで取り揃えています!
気軽なお出掛けに!「和布のワンハンドル ミニバッグ」の作り方

気軽なお出掛けに!「和布のワンハンドル ミニバッグ」の作り方

日々活躍する小さな袋物を和布で作ってみましょう!ここでは筒型のかわいいワンハンドルのミニバッグのレシピをご紹介!暖色系と寒色系の2タイプ。細長い布地をつないで作るので表情豊かな仕上がりです。持ち手には柿渋染めの布を使用し、味があります!

※後ろ側

必要な材料

・A布
 9(古布・縞)40cm幅25cm        
 10(古布・縞)40cm幅20cm、(木綿・格子)25cm幅15cm
・B布
 9(古布・縞)25cm幅25cm
 10(古布・縞)35cm幅25cm
・C布、D布、E布(古布・柄)各10cm幅25cm
・F布(古布・柿渋染め)15cm幅40cm
・G布(古布・9は縞 10は絣)25cm幅65cm
・H布(古布・茶色)5cm幅25cm
・接着芯25cm幅50cm
・接着キルト芯55cm幅40cm

製図

◆製図の中の□囲み数字は縫い代幅です。指定以外の縫い代幅は1cmです。

*接着キルト芯の裁ち方

*持ち手

●F布・1枚
●接着キルト芯・1枚

*表袋布

【表袋布】
●A布、B布・各2枚
●C布、D布、E布・各1枚
●接着キルト芯・1枚

【裏袋布】
●G布・1枚
●接着芯・1枚

*表底、裏底

【表底】
●A布・1枚
●接着キルト芯・1枚

【裏底】
●G布・1枚

作り方

01 表袋布の切り替えを縫い合わせる

02 表袋布と裏袋布を合わせ、入れ口を縫う

03 脇線を縫う

04 底をつける

05 持ち手を作る

06 入れ口にミシン

でき上がり!(10も同様に作る)

着物や古布のおしゃれな作品のレシピをもっと見たい方におすすめ!

「ずっと大切に使いたい和布の袋物」では、今回紹介したレシピ以外にもたくさんの着物や古布のおしゃれな作品のレシピをわかりやすく丁寧に紹介しております。

関連するキーワード
関連記事
サイズが小さくなったり古くなったジーンズをリメイクしましょう!プードルファーと呼ばれる毛先がクリンと丸いアクリルボアと合わせてトートバッグに。コンチョボタンがアクセントです。ジーンズの脇の部分をまちにいかして!
くたっとした編み上がりが可愛らしいバッグは、サブバッグとして持ち歩くのにも便利。そこは細編みでしっかりと、バッグ本体はネット編みでやわらかく仕上げています。
青と白のボーダー柄が爽やかなトートバッグのレシピをご紹介します。マスタード色の別布使いがアクセントになっています。短めの持ち手と、横長のデザインのバランスがおしゃれ。入れ口はファスナー使いで安心の使い心地。底は正方形。
マチを広くとったボックス型のバッグ。持ち手の部分は無地の麻を使い、本体は花柄やチェック地を使いました。出掛ける時にいつも持ち歩きたくなる、ちょうどよい大きさがいいですね!
簡単に作れるバッグのレシピ!アクセントの大きなボタンにかけた脇のゴムをはずすと入れ口がグンと広がることで、見た目も2パターン楽しめます。絣プリントの丈夫なキルティング地と厚みの合う、茶色の酒袋(バッカス)との組み合わせがおしゃれですよ。
新着レシピ
窓際やベランダで野菜作りができる水耕栽培。ここではレタスの一種「コスレタス」の基本情報と育て方をご紹介します。普通のレタスと違い、結球せずに葉が立ち上がる姿が特徴的で、和名は「立ちチシャ」と言います。そのままでも炒めても良いですね。
81views 野菜
サイズが小さくなったり古くなったジーンズをリメイクしましょう!プードルファーと呼ばれる毛先がクリンと丸いアクリルボアと合わせてトートバッグに。コンチョボタンがアクセントです。ジーンズの脇の部分をまちにいかして!
裾に向かってエレガントに広がる、パイナップル模様のプルオーバー。一枚着るだけで絵になる美しさが魅力です。さり気ないラメの輝きが魅力の糸を使用。着る人を優美な表情に見せてくれます。シンプルなパンツとのコーディネートがGoodですよ!
家庭で野菜を育てたいなら、水と液体肥料で育てる水耕栽培がおすすめ!ここでは基本情報を解説します。土と同じような生育環境を、容器、ふた、エアーポンプを使って整えます。室内で育てれば、汚れや虫が少なく、野菜の美しさを鑑賞しながら栽培できますよ。
445views 野菜
幅広のファスナーマチが付いたスクエア型は、コスメポーチにぴったり。底と側面を一枚続きにしてマチと縫い合わせます。茶色とブルーの配色がおしゃれですね。

ぬくもりのイチオシ!

orgami disney_banner

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

楽しい!手芸の本がいっぱい!