MENU
ぬくもりは、ハンドメイド・手作り作品の作り方をご紹介するサイトです。 子どもや初心者さん向けの簡単でかわいいものから、上級者向けのレシピまで取り揃えています!
モノトーンでかっこいい!「ビニールサコッシュ」の作り方

モノトーンでかっこいい!「ビニールサコッシュ」の作り方

格子柄のビニールとロゴが入ったモノトーンのテープの組み合わせがクールな雰囲気。カジュアルな着こなしのワンポイントにしたいおしゃれなサコッシュです。コンパクトでもB5サイズがすっきり収まります。

必要な材料

【サイズ】タテ28×ヨコ23cm、ショルダー約103cm
・表布(ビニール) 厚さ0.2mm 30cm幅 70cm
・バイアステープ(縁どり) 1.1cm幅 60cm
・平テープ(ロゴテープ) 2cm幅 190cm
・アメリカンホック 直径0.9cm 1組

製図

★製図に縫い代はついていません。

表布の裁ち方図

ビニールの扱い方

*裁ち方

布を1枚に広げて、直接布に印をつけるか、型紙を1枚ずつ置いて印をつけて、布を切ります。
型紙を置いて印をつける場合、まち針を使うと布に穴が開くので、おもりをのるかセロハンテープや両面テープを使用して型紙を固定します。

*縫い方

ビニールの布地は、針穴が残るので、まち針の代わりにセロハンテープやクリップ等を使用します。一度ミシンで縫った後はほどくと縫い跡(針穴)が残るので、極力縫い直しは避けましょう。
[ミシン針]11・14番 [針目]約2~2.5ミリ

滑りが悪く、ミシンが進まない場合

市販のシリコン剤を押さえ金、ミシン台などに塗ってすべりをよくすると縫いやすくなります。また、布の上もしくは下に薄い紙(ハトロン紙など)を重ねて縫う方法もあります。薄い紙は縫い終わった後、切り取ります。

作り方

1.脇線を縫う

2.バイアステープをつける

3.入れ口を縫う

4.持ち手の脇線を縫う

5.持ち手をつける

6.アメリカンホックをつける

7.できあがり

サコッシュのレシピをもっと見たい方におすすめ!

「今作りたいサコッシュ 」では、今回紹介したレシピ以外にもたくさんのサコッシュのレシピをわかりやすく丁寧に紹介しております。

関連記事
縦ひもをグレーにして、下側が輪にした編みひもを互い違いに編み入れ、チェック柄を表現しました。柄の切り替え部分には帯をぐるりと回し、リボンをあしらいました。楕円底で定番的なサイズに仕上げた、使いやすいデザインです!
ワイドな開口部が魅力のワイヤー口金使いのミニバッグ。和布をうまく使った作品です。高級感が増す、本革で細めタイプの持ち手をつけました。普段使いにも、お出かけの際にも、ぴったりですよ。
メッシュ地のポケットがポイントになったナイロンサコッシュ。スポーティな雰囲気でカジュアルな着こなしにぴったり。肩ひもを外せば、ポーチとしても使えて重宝します。サコッシュの裏側。長さが調節できる肩ひもは、ナスカンで取り外し可能です。
ガーランドを飾った持ち手がかわいいカゴ!とっても簡単ですので、お子さんと一緒に作ってみてはいかがでしょうか。小物を入れて、なにげなく卓上に置いておくだけでも、おしゃれなインテリアのように見えますよ!
流行を意識したアイテム!素材感がかわいい、ボアで作ったミニバッグです。片方の持ち手を通して、巾着風に使ってもOKです。年齢を問わず持ちやすいデザインで、大人かわいいコーデに仕上がりますよ♪
新着レシピ
冬の定番作品!「ゆきだるまをいっぱい作りたい!」と思った子供のころを思い出して、たくさん折り紙で作ってみましょう。マフラーはマスキングテープを使うことで、より簡単に、より色んなデザインで、仕上げることができますよ!
折り紙を使って大きな「壁面飾り」を作る際に必要な、基本的な情報をご紹介します。素材となる「折り紙」のサイズや基本的な技法、そして壁面に貼る際のコツを掴んでから、作品作りに取り掛かりましょう!
エダマメといえば、おつまみの定番!色鮮やかな黄みどり色が綺麗なため、色んな料理のアクセントにも使われますよね。ここでは、家庭菜園の基礎情報として、種まきの時期などの基本から、育て方を、丁寧にご紹介しています!
127views 野菜
ユニット折り紙の中級編!本体とデコレーションパーツを組み合わせて作るシリーズから、コティヨン×ジルコンのレシピをご紹介します。作品名は、パワーストーンとして知られるジルコンの結晶に見えることに由来しています。
ユニット折り紙を作る際に必要なパーツの折り方を解説します。おもに「コティヨン」を作る際に使います。

ぬくもりのイチオシ!

orgami disney_banner

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

楽しい!手芸の本がいっぱい!