MENU
ぬくもりは、ハンドメイド・手作り作品の作り方をご紹介するサイトです。 子どもや初心者さん向けの簡単でかわいいものから、上級者向けのレシピまで取り揃えています!
「フラッグガーランド」の作り方(エコクラフト)

「フラッグガーランド」の作り方(エコクラフト)

3色ボーダーのフラッグをつなげたガーランドは、配色によってイメージが変わるのも楽しい。長方形に貼り合わせてから三角形にカットします。

《sponsored by ハマナカ株式会社 http://www.hamanaka.co.jp/》

「フラッグガーランド」の材料

ハマナカ エコクラフト(5m巻)
・30  サンド(13)1巻、マロン(14)1巻、チョコレート(15)1巻
・31  白(2)1巻、さくら(27)1巻、藤(29)1巻
・32  白(2)1巻、パステルブルー(18)1巻、パステルグリーン(17)1巻

エコクラフトのカット本数(裁ち方図参照)

「フラッグガーランド」の作り方

※わかりやすくするために配色をかえています。

1. 旗を作ります。①横ひも4本を突き合わせて並べます。

2. ②ひもの上に、③横ひもの間に④・⑤横ひもを交互に並べて隙間なく貼りつけ、上下からはみ出した②ひもを際に揃えてカットします。

3. 端から3cmのところから角に合わせて定規を当てて、カッターでカットします。

4. 写真のように、上下に6cm間隔でジグザグ状に印をつけ、二等辺三角形にカットします。旗は9枚できます。

5. 二等辺三角形の底辺の左右に、目打ちで二ヶ所に穴をあけます。横ストライプの配色を交互に並べて、⑥つなぎひもを写真のように通します。

6. 旗を9枚つなげて、でき上がりです。

エコクラフトのかごバッグ&小物のレシピをもっと見たい方におすすめ!

「シックでかわいい エコクラフト(R)のかごバック&小物」では、今回紹介したレシピ以外にもたくさんのエコクラフトのかごバッグ&小物のレシピをわかりやすく丁寧に紹介しております。

関連するキーワード
関連記事
布を使用して作る、四角い本体の四隅をつまんで縫ったトレイです。アクセサリーや鍵など、よく使うものを入れて。使い勝手が良い2種類の大きさなので、いくつあってもいいですね♪
ふたと縁周りに色を効かせた、北欧風のお道具箱。本体からふたまでを続けて編むので、ふたが本体のサイズに合わないということもなく、はじめてさんでも作りやすいデザインです。くるくる巻きのボタンとループでふたはしっかりと留められますよ!
底と側面に飾ったタッセルがアクセントになったハンギングプランター。ジグザグとしたボーダー柄に合わせた縁のデザインがスタイリッシュ!季節を問わず人気のデザインです♪
ラウンド型の鉢をくるっと包むカバーは、ランダムに配置した大きめのドットがアクセント。さりげないスカラップの緑も素敵です!
細編みで丸く作ったベースにピンと立った耳を合わせた、うさぎのプランター。プラスチックのボール( あみあみボール) を編みくるむので、きれいなフォルムをキープしたまま、かんたんに仕上がります!
新着レシピ
白いレースではなく、落ち着いた色合いの配色を選んで、アメリカで古くからある技法のスターステッチ模様と、長編みとピコット編みを組み合わせた模様編みをします。ひも先の飾り編みがキュート!巾着タイプなのも便利ですね!
185views 布小物
1mの生地を用意するだけで、お揃いのヘアアクセサリーと服を作れます!うさみみのカチュームは中にワイヤーが入っているので、ねじるだけでぴたっとフィット♪ストライプのキャミワンピは、裾のフリルをボーダー使いにしてキュートに仕上がっています!
ナチュラルウッドの刺しゅう枠のフレームに透明感のあるチュールを貼って、可憐なお花で自由にアレンジを楽しむ。そんな新しいハンドメイドがキットになりました。 万華鏡(カレイドスコープ)のように彩り広がる花の世界をぜひ味わってみてください!
石川県の伝統工芸品「加賀友禅」。その加賀友禅を縫うお針子さんが余り布や糸、綿を使って作ったと言われている「加賀ゆびぬき」の作り方の基礎を解説します。少ない材料と道具で始められるのも魅力。基本を覚えたら、様々な作品に取り掛かりましょう。
326views ソーイング

ぬくもりのイチオシ!

orgami disney_banner

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

楽しい!手芸の本がいっぱい!