MENU
ぬくもりは、ハンドメイド・手作り作品の作り方をご紹介するサイトです。 子どもや初心者さん向けの簡単でかわいいものから、上級者向けのレシピまで取り揃えています!
スポンジで作る!手作りスクイーズの基本の作り方(作り方基礎)

スポンジで作る!手作りスクイーズの基本の作り方(作り方基礎)

手作りスクイーズを作る前に知っておきたい!基本のアイテムと、スポンジで作るスクイーズの基本の作り方をご紹介。

スクイーズを作ってみよう!作り方の基本

スクイーズの作り方はいろいろ!基本のアイテムをそろえたら、いざスクイーズ作りに挑戦!
ここでは、スポンジを削って形を整えて、コーキング剤で仕上げる方法での作り方を紹介します。

1. ペンでスポンジに顔と鼻の頭になる部分の輪郭を描きます。実際作りたい大きさより大きめに描くのがポイント。
2. ペンで描いた線の輪郭に沿って、スポンジをハサミでカットしていきます。
3. 細かくハサミを入れて、形を整えていきます。一回で大きくカットしようとはせず、少しずつカットするのがポイント。
4. 鼻の頭になる部分は本体とは別にスポンジを切り出し、そちらもペンでなぞり、ハサミを入れていきます。
5. 輪郭、鼻の頭とも、大まかな形がとれました。
6. 側面を平らに整えていきます。ハサミをスライドさせるように動かすのがポイントです。

7. 刃先が鋭利なハサミに替えて、少しずつ滑らかにします。ねじるようにハサミを入れるのがポイントです。
8. 鼻の頭も同様に滑らかにしていきます。
9. スポンジのカットの完成です。根気良く、すこしつず時間をかけて滑らかにするように心がけましょう。

【パーツと接着】
10. パーツを接着していきます。まずは、木工用接着剤を鼻の頭の裏前面に薄く延ばします。
11. ギュッと押し付けて接着します。顔の中心より少し下の方に付けるとかわいらしく見えます。

12. パーツを接着してから、全体を見て鼻の形の微調整をします。薄めにしたほうがよく馴染みます。
13. パーツの接着が終わりました。

【着彩をする】
14. 次は着色をしていきます。オレンジ:黄:こげ茶が3:1:1になるように絵の具を配合します。
15. 絵の具に倍ほどの量の水を混ぜます。
16. ムラをなくすために、塗る前にティッシュでオフして余分な絵の具を落とします。
17. ポンポンポンとたたき込むようにして塗っていきます。

18. 全体をまんべんなく塗ります。数回に分けて塗り重ねることで、ムラなく塗れ、色もはっきりと出すことができます。
19. 顔のパーツをこげ茶で描いていきます。バランスよくするために、まずは目になる部分に小さな点を打ちます。
20. 19で描いた点を少しずつ円を描くように、グリグリと大きくしていきます。
21. 目が完成しました。
22. 鼻も、目と同様に小さな点から少しずつ円を描くように大きくしていきます。
23. 口も、目や鼻と同様に少しずつ、円を大きくしていくイメージで描いていきます。

24. 眉毛も同様に、白で点を打ってから少しずつ大きくしていきます。一度の塗りで大きく描くと汚くなりがちなので、注意しましょう。
25. はみ出した部分は絵の具を塗った綿棒で修正します。
26. コーキング剤となる、木工用接着剤を全体にまんべんなく塗っていきます。塗りムラのないように気をつけましょう。
27. 白いところが残らないように、一晩ほど乾燥させます。光沢具合の好みに応じて、2度塗り、3度塗りとしていき、乾いたら完成です。

関連記事
エコクラフトRで作品を作るときに必要な基礎情報の中から、表目と裏目を編むときに、指定の縦ひもの本数をとばす編み方について解説します!表目、裏目ともにとばす本数によって模様の出方が変わり、豊富な模様のバリエーションを作ることができますよ。
エコクラフトRで作品を作るときに覚えておきたい「右3本なわ編み」について解説します。3本なわ編みは、右3本なわ編みと左3本なわ編みの2種類があります。縁編みや編み地の境目などに使う編み方です。また、縦ひもをかくしたり、模様としても使います。
エコクラフトRを使って作品を作るときに役立つ基本の編み方の中から、「井桁底」について解説します。ベースひもを井桁に組み、底面を編むことを井桁底といい、作品の基礎になることも多いので、覚えておきましょう!
エコクラフトRを使って作品を作るときに役立つ基本の編み方の中から、「四つだたみ編み(石畳み編み)」について解説します。2本の編みひもを巻きつけるように通して結ぶ編み方です。1個の結び目が四角になり、編みひものひも幅分の隙間が均等にあきます。
とてもかわいいミニチュアの世界を、紙バンドで作りましょう!ここでは基本的な材料や用具、ペイントの塗り方から基礎のテクニックまで、必ず知っておきたい情報を分かりやすく解説しています!ちっちゃな家具や雑貨に癒されること間違いなしですよ♪
新着レシピ
手作りの服を縫う際に知っておくと便利な「かこみ製図」について解説しています。かこみ製図は原型を使わない製図で、簡単に製図を引くことが出来ます。基本的に9号サイズを掲載していますが、ひとくちに9号と言ってもデザインやゆるみはさまざまです。
丸くてころんとした形がかわいらしいかごのレシピをご紹介します。基本の井桁底で丸底を作ります。側面は右3本なわ編みと、編みひも1本で縦ひも2本をとばすとばし編みでぐるぐる編んでいます。流れるようなとばし編みで、立体感のある側面になります。
エコクラフトRで作品を作るときに必要な基礎情報の中から、表目と裏目を編むときに、指定の縦ひもの本数をとばす編み方について解説します!表目、裏目ともにとばす本数によって模様の出方が変わり、豊富な模様のバリエーションを作ることができますよ。
エコクラフトRで作品を作るときに覚えておきたい「右3本なわ編み」について解説します。3本なわ編みは、右3本なわ編みと左3本なわ編みの2種類があります。縁編みや編み地の境目などに使う編み方です。また、縦ひもをかくしたり、模様としても使います。
野菜の中でももっとも親しまれている中国の健康野菜!高温で一気に過熱すると鮮やかな色になる特徴があり、食卓を華やかにしてくれます。油炒め、煮食、漬物なのに最適!トウ立ちする前に収穫するのがポイント。育て方について丁寧に解説していきます。
114views 野菜

ぬくもりのイチオシ!

orgami disney_banner

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

楽しい!手芸の本がいっぱい!