【キッズ用バッグ】かわいい黒猫のポシェットの作り方

【キッズ用バッグ】かわいい黒猫のポシェットの作り方

手触りのいいベロアで作ったポシェットは、ドットの鼻としましまの鼻のくろねこ。ボタンやボンテンテープ使いがおしゃれな技ありアイテムです。


必要な材料(1点分)

表布( ベロア)60cm 幅 40cm
裏布(綿)50cm 幅30cm
別布A(綿ニット)10cm 幅20cm
別布B(綿ニット)10cm 幅10cm
接着芯50cm 幅30cm
ボタンA 直径1.7cm 1 個
ボタンB 直径1.5cm 1 個
マジックテープ 2cm 幅 5cm
ボンテンテープ 1cm 幅 10cm
25 番刺しゅう糸

この作品の製図・型紙

かわいい黒猫のポシェットの作り方

※縫い始める前に:表袋布に接着芯を貼る

1 持ち手を作る

2 表前袋布に飾りをつける

3 表袋布を縫い合わせる

4 裏袋布を作る

5 表袋布と裏袋布を縫い合わせる

6 耳部分をまつる

7 できあがり

ベビー・キッズ用のレシピ一覧はこちら

簡単子ども服のレシピをもっと見たい方におすすめ!

「ハンドメイドのかんたん子ども服」では、今回紹介したレシピ以外にもたくさんの簡単子ども服のレシピをわかりやすく丁寧に紹介しております。


関連する投稿


【キッズ服】アウターにもなる黒地に花柄のワンピースの作り方

【キッズ服】アウターにもなる黒地に花柄のワンピースの作り方

キッズ用の黒地に小花プリントがシックなワンピースの作り方をご紹介。前を開けてアウターとして羽織って着てもおしゃれ!ボトムはガウチョのほかどんなパンツでも決まります。


秋春におすすめ!キッズサイズのライトジャケットの作り方

秋春におすすめ!キッズサイズのライトジャケットの作り方

秋春におすすめのライトジャケットの作り方をご紹介。長く着られるベーシックなデザインはどんな布にもマッチするので、女の子にも男の子にも似合います。袖を折れば裏地が見えておしゃれに!


お出かけに!おしゃれなネコちゃんスタイの作り方

お出かけに!おしゃれなネコちゃんスタイの作り方

ネコちゃんのにっこりとした表情に心が和む赤ちゃん用のスタイ。イエローのストライプ柄とブラウンのパイル地の組み合わせがおしゃれでお出かけにもおすすめ!


巾着付き!花のパッチワークの2wayバッグの作り方

巾着付き!花のパッチワークの2wayバッグの作り方

ベージュベースに赤とネイビーのマーガレットの花のパッチワークがアクセント。脇のループに肩ひもを付ければショルダーバッグになり、持ち手をコンパクトにしたので邪魔になりません。


余った布で作る はぎれ使いのポシェット2種類の作り方

余った布で作る はぎれ使いのポシェット2種類の作り方

32はストリング、33は「ログキャビン」の2種類のポシェットの作り方をご紹介。どちらも細長いはぎれのピースをつないで作れます。小紋と合わせると大島の粋な大柄が引き立ちます。


最新の投稿


スカートにもパンツにも合うAラインジャケットの作り方

スカートにもパンツにも合うAラインジャケットの作り方

大きなショールカラーが印象的なAラインジャケット。メランジカラーの趣きのある色合いが素敵です。スカート、パンツ共に好相性の一着。


シックで大人かっこよく!おしゃれな手作りブルゾンの作り方

シックで大人かっこよく!おしゃれな手作りブルゾンの作り方

カジュアルスタイルをお洒落に仕上げるブルゾンは、今シーズン注目のアイテム。毛足のあるふっくらとボリューミーな素材感が、女性らしい雰囲気に見せてくれます。シックなブラックはコーディネートがしやすく、大人カッコ良く着られるのでおすすめです。


【キッズ服】アウターにもなる黒地に花柄のワンピースの作り方

【キッズ服】アウターにもなる黒地に花柄のワンピースの作り方

キッズ用の黒地に小花プリントがシックなワンピースの作り方をご紹介。前を開けてアウターとして羽織って着てもおしゃれ!ボトムはガウチョのほかどんなパンツでも決まります。


【キッズ用バッグ】かわいい黒猫のポシェットの作り方

【キッズ用バッグ】かわいい黒猫のポシェットの作り方

手触りのいいベロアで作ったポシェットは、ドットの鼻としましまの鼻のくろねこ。ボタンやボンテンテープ使いがおしゃれな技ありアイテムです。


フロントフックが上品な大人っぽいプルオーバーの作り方

フロントフックが上品な大人っぽいプルオーバーの作り方

フロントのタックをデザインポイントにしたプルオーバー。大人格好良い印象を生み出すモスグリーンをセレクト。


おりがみ動画募集 ディズニーレシピ

ランキング


>>総合人気ランキング

楽しい!わかりやすい!手作りの本がいっぱい!


ブティック社 Amazonで本を探そう