MENU
ぬくもりは、ハンドメイド・手作り作品の作り方をご紹介するサイトです。 子どもや初心者さん向けの簡単でかわいいものから、上級者向けのレシピまで取り揃えています!
飛び出るメッセージカードの基本の作り方

飛び出るメッセージカードの基本の作り方

メッセージカードを作るときに知っておきたい、基本の作り方をご紹介!

パーツの作り方

図案を写した紙(型紙)は、本をコピーするか、トレーシングペーパーなどの薄い紙を図案の上に置いて、えんぴつなどで写して作ります。

①図案を写した紙(型紙)と、指定のサイズに切った紙を用意します。
②型紙を裏返し、紙を、透けて見えている図案に合わせてドラフティングテープで固定します。

③表に返し、切り線に沿って型紙ごと切っていきます。内側に切り抜く部分や鉄筆などで筋を入れる指示があるパーツは、切り抜きや筋を入れてから輪郭を切ります。
④型紙を切りやすい方向に回転させながら切ります。

➄鋭角の部分は、一度カッターを抜いて紙を切りやすい方向に回転させ、再度カッターを入れて切ります。
⑥できあがり。

内側台紙を切る立体の作り方

①図案を写した紙(型紙)と、指定のサイズに切った紙を用意します。
②型紙を裏返し、紙を、透けて見えている図案に合わせてドラフティングテープで固定します。
③表に返し、切り線に定規をあててカッターで切ります。切り線は太線になっています。
④山折り線に定規をあてて鉄筆で筋を入れます。

➄谷折り線の両端に鉄筆でちいさな穴を開けます。
⑥裏返して➄で開けた穴を確認し、穴をつなぐように定規をあてて鉄筆で筋を入れます。
⑦型紙を外し、山折り線に後ろから指を当てて立体を押し出します。台紙を半分に折ってしっかり折り目をつけます。
⑧できあがり。切り線・折り線の入れ方によっていろいろな立体の台紙を作ることができます。

注意するべきポイント!

鉄筆とエンボスペンで引いた線の違いです。鉄筆は細めに、エンボスペンは太めに線が引けます。折り線を引くときや図案を写すときは鉄筆、模様を描くときはエンボスペンを使うとよいでしょう。

関連記事
こよりひもを貼り合わせたテープ「クラフトバンド(エコクラフトR)」でハンドメイド!作品をよりスムーズに&綺麗に仕上げるためには、いくつかのコツがあります。本サイトに掲載している作品のデザイナーから学んだ基本のテクニックをご紹介します!
近年編み物好きに流行している「リフ編み」は、トルコ発祥の編み方です。ふっくらとしたお花のような模様が特徴で、大人かわいい雰囲気になります。ここでは基本的な編み方を画像付きで丁寧にご紹介します。
ユニット折り紙の作品を作る過程で必要な「組み方」の中から、『30枚組の組み方』について画像を交えて分かりやすく丁寧に解説します。
ユニット折り紙の作品を作る過程で必要な「組み方」の中から、『12枚組の組み方』について画像を交えて分かりやすく丁寧に解説します。
ユニット折り紙の作品を作る過程で必要な「組み方」の中から、『6枚組の組み方』について画像を交えて分かりやすく丁寧に解説します。
新着レシピ
ここでは刺しゅうの基礎となる情報から、具体的な糸や針を使った作業について写真付きで手順をご案内します。別レシピの基礎情報と合わせて活用してくださいね。
紙を1枚用意するだけで、おしゃれなポチ袋を作ることができます!ここではお返しがかわいい「重ね」という作品の作り方をご紹介します。渡す相手によって、折り紙の色を変えてみるのもいいですね。
細めの革ひもで小さなピューターを入れて結んだロングタイプのネックレス。定番のブラウンはもちろん、ビタミンカラーを選んでもかわいい。手首に巻くと四連のブレスレットに!
お正月でも大活躍!かわいいポチ袋を手作りしましょう。たった1枚の紙で熨斗が付いたおしゃれな袋が完成します。「ぽち」という言葉は小さい、ちょっとという意味を持ち、もともとは芸妓や茶屋女に与える「少額の祝儀」に由来しています。
こよりひもを貼り合わせたテープ「クラフトバンド(エコクラフトR)」でハンドメイド!作品をよりスムーズに&綺麗に仕上げるためには、いくつかのコツがあります。本サイトに掲載している作品のデザイナーから学んだ基本のテクニックをご紹介します!

ぬくもりのイチオシ!

orgami disney_banner

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

楽しい!手芸の本がいっぱい!