MENU
ぬくもりは、ハンドメイド・手作り作品の作り方をご紹介するサイトです。 子どもや初心者さん向けの簡単でかわいいものから、上級者向けのレシピまで取り揃えています!
ソーイングの基礎「レース編みの仕上げ方」について

ソーイングの基礎「レース編みの仕上げ方」について

レースを編むときに知っていると役立つ!「レース編みの仕上げ方」を、図解で説明します。一見難しそうですが、慣れれば簡単!頑張ってトライしましょう。

レース編みの仕上げ方

作品が編めたら、手順に沿って仕上げましょう!

1)糸端の始末
編み上がったら、糸端の始末をします。編み始め、編み終わりなどの糸端を裏側にからげます。

2)でき上がり寸法の確認
洗ったり、のりづけをすると編み目が詰まるので、でき上がりの寸法を測っておきます。

3)洗い方
編んでいる時の汚れを落とします。ぬるま湯に弱アルカリ性の洗剤を溶かして、押し洗いをし、きれいになったら、ぬるま湯で、良くすすぎます。

4)しぼり方
レースを軽く押さえて水気を切り、タオルに挟んで、水分を押し出します。

5)のりのつけ方
水に水溶性の科学のり(洗濯のり)を溶かし(手を入れて、表面に薄い被膜が残る程度に薄める)、押し洗いの要領で作品にふくませ、軽くしぼります。

6)干し方
型紙を作ります。洗濯前の寸法をハトロン紙の裏側へ、鉛筆で正確な形を描きます。

7)アイロン台に作品を裏返して乗せ、軽く霧を吹き、当て布をしてアイロンをかけます。

*小さな作品の仕上げ方

型紙は、形を描いた面を下側にして置きます。その上に生乾きの作品の表側を上にしてのせ、型紙に合わせて、編み目を整えながら、まち針で止めて乾かします。

*大きな作品の仕上げ方

テーブルクロスなどの大きな作品は、カゴや洗濯ネットに入れて、風通しの良い所で陰干しします。

レース編みの作品レシピ

基礎テクニックを理解したら、さっそく作品作りに取り掛かりましょう!
ぬくもりで紹介しているレシピは、下のボタンをクリックしてチェック!

関連するキーワード
関連記事
お裁縫のときに役立つ情報をご紹介!こちらでは帆布をはじめとする色んな種類の「布」の特徴についてと、Dカンやナスカンなどの仕上がりに欠かせない「付属品」について、画像付きで丁寧に説明しています。
ここでは、お裁縫に必要な基本的な情報をまとめました。布と糸と針を用意するだけで手軽にできるので、年代を問わずに人気のあるハンドメイドの代表ともいえる存在ですよね。基礎を学んだら、さっそく作品作りに取り掛かってくださいね!
がま口を使ったポーチやバッグを作る前に知っておきたい、がまぐち口金のつけ方と付けやすくなるコツを、画像付きの手順で、分かりやすくご紹介します!「角型がまぐち口金」のつけ方も説明しています。
ハンドメイドするときに知っておきたい基礎情報のなかから、ここではワンピースやスカートの「ベルト通し」のかわりになる「糸ループ」と「布ループ」の作り方を丁寧にご紹介します。
お裁縫の基礎「バイアス布(バイアステープ)」について、詳しく解説!伸縮性の無い布でも、斜めに使うと、伸縮性が出てきます。ここでは裁ち方・接ぎ方・作り方・つけ方について丁寧にご紹介していきます。
新着レシピ
爽やかなコーディネートに仕上がる!Tピン・9ピンに丸玉のウッドビーズを通した、直線と曲線をあわせ持った小枝風のアクセサリーです。ラタンパーツをつなぐクリップ形のバチカンは、直線的な星型をチョイスすることで、キリっと全体を引き締めています。
白いレースではなく、落ち着いた色合いの配色を選んで、アメリカで古くからある技法のスターステッチ模様と、長編みとピコット編みを組み合わせた模様編みをします。ひも先の飾り編みがキュート!巾着タイプなのも便利ですね!
227views 布小物
1mの生地を用意するだけで、お揃いのヘアアクセサリーと服を作れます!うさみみのカチュームは中にワイヤーが入っているので、ねじるだけでぴたっとフィット♪ストライプのキャミワンピは、裾のフリルをボーダー使いにしてキュートに仕上がっています!
ナチュラルウッドの刺しゅう枠のフレームに透明感のあるチュールを貼って、可憐なお花で自由にアレンジを楽しむ。そんな新しいハンドメイドがキットになりました。 万華鏡(カレイドスコープ)のように彩り広がる花の世界をぜひ味わってみてください!

ぬくもりのイチオシ!

orgami disney_banner

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

楽しい!手芸の本がいっぱい!