MENU
ぬくもりは、ハンドメイド・手作り作品の作り方をご紹介するサイトです。 子どもや初心者さん向けの簡単でかわいいものから、上級者向けのレシピまで取り揃えています!
【あみぐるみの基礎】手・足のつけ方

【あみぐるみの基礎】手・足のつけ方

基礎情報を学んでから、作品作りに取り掛かりましょう!ここではあみぐるみを作る前に知っておきたい、本体に手と足をつけるやり方について、画像付きで詳しくご紹介します!

手順①「すくいはぎ」

1.手・足は、それぞれ編み始めの糸端を始末し、編み終わりの糸端を約20cm残しておきます。

2.編み終わりの糸端をとじ針に通します。

3.編み地の裏側を表にしてつけます。本体のつけ位置に矢印のように針を入れ、1段分すくいます。

4.続けて足(または手)の編み地に矢印のように針を入れます。 ※写真では糸をゆるめていますが、実際には糸を引きしめながらはいでいきます。

5.本体に矢印のように針を入れ、1段分すくいます。

6.足(または手)の編み地に矢印のように針を入れます。

7.すくいはぎができました。このまま続けて「返し縫い」をします。

手順②返し縫い

※わかりやすくするために、糸の色をかえて説明しています。

8.糸端が右側にくるように本体ごと180度回転させます。矢印のように本体に針を入れ、そのまま足(または手)の反対側の頭目の下から出します。

9.矢印のように針を入れ、本体も一緒にすくって反対側に針を出します(針を出すときは、本体のみをすくいます)。

10.矢印のように針を入れます。最後は本体の適当なところから針を出し、玉止め、糸始末をします。

11.返し縫いができました。

12.同様にして、全部で4カ所に手・足をそれぞれつけます。

関連記事
ディズニーのプリンセスなどの編みぐるみを作るときに欠かせない、「耳」の基礎的な編み方をご紹介します。作る前に知っておくことで、スムーズに作品作りが進みますよ!
新着レシピ
身頃にはお洒落なボタニカル柄の絽を、袖にはマーブル模様のちりめんを使用。体型カバーにも一役買うゆったりデザイン。さらりとした着心地で快適に過ごせますよ。
53views トップス
今さら聞けない!?キレイに仕立てるための基礎情報!ここではエレメント(務歯)が隠れるオープンファスナーのつけ方をご紹介します。種類によってエレメントやテープの幅が違いますので事前に確認してください。(見返しが無い場合の縫い方を紹介します)
最近よく耳にするサスティナブルを、ハンドメイドにも取り入れてみましょう!お気に入りの布で作るこちらのカバーは、トイレットペーパーホルダーの上ぶたにセットするだけで温かみが加わります♪素材は洗える綿が向いています。
287views 布小物
バラ園のプロが教える「本当に必要なバラの栽培テクニック」を、写真付きで分かりやすく解説します。美しいバラを育てるためには、いくつかのポイントがあります。病気にならずに健康的に育てて、見事な花を咲かせ、バラのある暮らしをぜひ楽しみましょう!
157views 園芸
ベージュ×モカベージュのリバーシブル生地を切り替えで効果的に使って、お洒落に仕上げたジャケットです。打ち合いが少し斜めになったアシンメトリーデザインで、袖はドロップショルダーなので、肩まわりがゆったりとしていて楽な着心地です♪

ぬくもりのイチオシ!

orgami disney_banner

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

楽しい!手芸の本がいっぱい!