MENU
ぬくもりは、ハンドメイド・手作り作品の作り方をご紹介するサイトです。 子どもや初心者さん向けの簡単でかわいいものから、上級者向けのレシピまで取り揃えています!
刺しゅうの基礎「刺し始めと刺し終わり」のやり方

刺しゅうの基礎「刺し始めと刺し終わり」のやり方

刺しゅうをする上で必要なテクニックの中から、始め方と終わり方について説明しています。刺しゅうでは玉結び、玉止めを布に残しません。刺しゅうをした後、布の裏側で刺した刺しゅう糸にからげて始末します。

面を埋める刺しゅうの場合

1.刺し始めたい位置から針の長さの2~3倍分を離して表から針を入れます。

2.この場合はサテンステッチなので中心から刺し始めていきます。

3.刺し終わりは布の裏側に針を出します。

4.裏に出ている糸の下に針をくぐらせます。

5.最後の1~2本を残して、戻るように折り返してもう一度針をくぐらせます。

6.糸を切ります。

7.刺し始めの玉結びを切り落とします。

8.刺し始めの糸を布の裏に引き出し、針に通して4、5と同様に始末して糸を切ります。

線(ライン)の刺しゅうの場合

刺し始めは面の刺しゅうと同じです。刺し終わりは布の裏で糸にからげて結び目を作ります。布の裏の糸に何回か巻きつけてから糸を切ります。

その他の「刺しゅうの基礎情報」

ぬくもりでは、刺しゅうの基礎情報について、テーマごとに分けてご紹介しています。
下のボタンからぜひチェックして、刺しゅうマスターになりましょう!

関連するキーワード
関連記事
ぬくもでは、たくさんの刺しゅうの基礎情報をご案内しています。一通りの基本が分かったら、実際に刺しゅうをやってみましょう!ここでは簡単で可愛らしいお花の刺しゅうのやり方をご紹介します。
刺しゅうをしていくうえで必須な「図案」。ここでは図案の取り扱い方や、刺しゅう枠の使い方などの基本情報をご案内します。別レシピの基礎情報と合わせて活用してくださいね。
ここでは刺しゅうの基礎となる情報から、具体的な糸や針を使った作業について写真付きで手順をご案内します。別レシピの基礎情報と合わせて活用してくださいね。
初心者さん向けに、刺しゅうの基礎となる、糸や針について丁寧に説明します。糸には色んな種類があり、作品によって使い分けていきます。基礎を理解したら、さっそく作品作りに取り掛かってみましょう!
刺しゅうをする前に知っておきたい、刺しゅうに必要な「用具」についてピックアップし、詳しく写真入りでご案内します。他の基礎情報と合わせて参考にしてくださいね!
新着レシピ
棒針編みが初めての方にもおすすめのレシピ!かのこ編みは、表目と裏目を交互に、また、前段と互い違いになるように編むので、ぽこぽことした独特の編み地になります。履き口を1目ゴム編みにしているので脚にフィットします。くしゅくしゅたるませて履いて♪
Floraは、ローマ神話に登場する、古代ローマの花と豊穣と春の女神のことです。そのイメージをデザインしたのがこちらのパターンです。色んなパターンと組み合わせやすいシンプルでさがありながらも、花の可愛らしさが備わっています。
小さなスペースでもたっぷりと収穫できる野菜作りをしてみませんか?ここで1坪さえあればチャレンジできる野菜作りについて基本的な情報をお届けします。どの野菜でも土づくり~種まき、多くの管理作業は共通しているので、これさえ押さえれば怖いものなし!
162views 野菜
たった3.3平方メートル(1坪)さえあれば始められる野菜作りをご紹介!根ものや葉物の多くは夏・秋から育て始められます。ここでは鍋料理に欠かせない「シュンギク」の基本情報、種まき時期、育て方など、上手に作るためのコツを解説しています。
137views 野菜
ファッションアイテムにペイントするのは、テクニックに自信が無いからと言って敬遠される方が多いと思いますが、思い切ってチャレンジしてみましょう!アイロンで加熱するとスエードタッチになる絵の具で、コートの裾と袖の部分にお花をデザインしました!
184views ペイント

ぬくもりのイチオシ!

orgami disney_banner

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

楽しい!手芸の本がいっぱい!