MENU
ぬくもりは、ハンドメイド・手作り作品の作り方をご紹介するサイトです。 子どもや初心者さん向けの簡単でかわいいものから、上級者向けのレシピまで取り揃えています!
大人なデザインの「ファーつきトートバッグ」の作り方

大人なデザインの「ファーつきトートバッグ」の作り方

手芸好きな方々だけではなく、これまで手づくり経験のない方々からも人気の高い「ラ メルヘン・テープ」。色数も豊富で、高級感のある作品作りが楽しめます。この冬は、大人なデザインのトートバッグに挑戦してみては?

「ラ メルヘン・テープ」とは

「ラ メルヘン・テープ」とは、光沢がある塩化ビニル製の平らな帯状のテープのことです。光を受けるとキラキラと輝くので、高級感があり、大人なイメージの作品を作ることができると、近年人気の素材です。

必要な材料と道具

【材料】
①ラ メルヘン・テープ(5mm幅)
■マットホワイト(142)22m ・本体用[80cm×27本] ・ふた用[40cm×1本]
■シャンパンゴールド(139)8m80cm ・底用[30cm×21本]・縁かがり用[2m50cm×1本]
■マットグレー(138)5m60cm ・ふた用[40cm×14本]

②あみあみファインネット(ベージュ)2枚
・本体用(縦75×横45マス) ・ふた用(縦34×横15マス)

③竹バッグ持ち手(BB-13・焼き焦茶)1組

④ファーテープ(50mm幅)48㎝

⑤マグネットホック(G1088・ゴールド)1組

⑥ネジカシメ(ゴールド)4個

⑦飾り用パーツ 1個

【道具】
メジャー、はさみ、油性ペン、瞬間接着剤、クリップ、布用両面テープ、穴あけパンチ、ドライバー、布用接着剤、目打ち

展開図

ふた用

本体用

作り方

★仕上がり:横26cm×高さ15cm×幅10cm

1 ラ メルヘン・テープ(以下テープ)を、はさみで材料分にカットする。先端は斜めに切ると通しやすい。

2 あみあみファインネット(以下ネット)を、展開図に合わせてカットする。持ち手をつけるマスの裏側に油性ペンでしるしをつけておく。

3 展開図のハートからスタート。30㎝にカットしたゴールドの底用テープを、底面の左端から1マスずつ通す。

4 両サイドの余分なテープは、それぞれに内側に3目程度折り返し、瞬間接着剤をつけてとめる。

5 不要な部分をカットして、1段目が完成。

6 段ごとに通し目の山が交互になるようにして、21段分通す。これで底面のでき上がり。

7 ネットを組み立ててクリップで固定する。サイドは1マス分重ねる。底マチが内側になるように注意。

8 本体の天地を逆さにして、底部分から通していく。80㎝にカットしたマットホワイトの本体用テープを1マスずつ通す。

9 三角形になった隅の部分も1マスとして数える。また、この1段目だけはサイドに重ねたネットには通さないこと。ここを間違えるときれいな仕上がりにならないので注意。

10 テープ終わりを始末する。通し始めのテープの上に3目程度重ね、最後の1目に接着剤をつけてとめる。不要な部分はカット。

11 最初の10段は、底面と同じように1マスずつ通す。真ん中の12段は、1マス飛ばしながら通して幅広の目に。※下から17段目だけは接着剤をつけずに21で穴をあけてから始末。

12 最後の5段は、また1マスずつ通す。正面の目がきれいに整うように、サイドでマスの数を調整しながら通すこと。

13 2m50㎝にカットしたゴールドの縁かがり用テープで、最上段のマス全体を覆うように巻きながら通す。

14 縁をかがりながら竹バッグ持ち手の金具を取りつける。マスを1つ飛ばして通し、持ち手のDカンを置き、テープを交差させて固定する。

15 Dカンの位置は02でしるしをつけたマスを目安にしながらも、実際に持ち手の幅と合うように調整すること。かがり終わったら、余分なテープは内側の目立たないマスで始末。

16 本体にかぶせるふたを作る。ふた用にカットしたネットに、40㎝にカットしたグレーのふた用テープを、1マス飛ばしで通す。中央の8段目だけ、テープの色をホワイトに。

17 ふた〈裏面〉通し終わったところ。右側に飛び出たネットの4マスは、ネジカシメで本体に留めるために使う。

18 8段目の端から2マス目に、マグネットホックの凸側を、ツメを折って取りつける。

19 ふた〈表面〉(ファーをつける側)表面に返して、ファーテープを固定するために、布用両面テープを貼る。

20 ふたをつける位置を決める。本体背面の下から17段目に、実際にふたを置いて、ネジカシメを留める場所のテープに油性ペンでしるしをつける。

21 しるしをつけた部分に穴をあける。テープを半分ほど引き抜き、穴あけパンチで穴をあけて、またテープを通して始末をする。

22 ネジカシメを使って、本体にふたを取りつける。内側からドライバーでしっかりと締めること。

23 ふたのマグネット位置に合わせて、本体正面にもマグネットホックの凹側を取りつける。下から12段目が目安。

24 ファーテープを半分にカットして貼りつける。ファーの毛並みは下方向へそろえて。ファーの切り口に接着剤を薄く塗るとほつれ防止に。

25 ドライバーを使って持ち手を取りつける。瞬間接着剤でネジを留める。

26 飾り用のパーツを正面右下に取りつける。

27(表面)両面テープの粘着面に巻き込まれているファーの毛があれば、目打ちで引き出して整える。でき上がり。

★表面

★裏面

手作りバッグやビーズ作品をもっと見たい方におすすめ!

「ビーズfriend2019年冬号」では、今回紹介したレシピ以外にもたくさんのバッグやビーズ作品のレシピをわかりやすく丁寧に紹介しております。

関連記事
すらっと伸びる竹模様の縞に、別布の藍の無地がピリッと効いた、オシャレなリュック!和のテイストがあり、男女どちらにも似合うシンプルなデザインとかたちです。持ち手がついているからトートバッグとして持つこともできます♪
内袋が巾着になっているバッグは使い勝手抜群!本体は白糸でキルティングした9cm角のパーツ同士をフェザーステッチでつなぎ合わせています。持ち手、裏布、口布にお気に入りの古布を使用すれば、外出がさらに楽しくなるはず♪
お買い物のときに役立つエコバック。絵柄が印象的なカットクロスなどを使って、ちょっぴり個性的に仕上げました。できあがったら、いつものバッグにしのばせて。折りたたむとコンパクトになるので持ち運びやすいのも魅力ですね!
日々活躍する小さな袋物を和布で作ってみましょう!ここでは筒型のかわいいワンハンドルのミニバッグのレシピをご紹介!暖色系と寒色系の2タイプ。細長い布地をつないで作るので表情豊かな仕上がりです。持ち手には柿渋染めの布を使用し、味があります!
縦ひもをグレーにして、下側が輪にした編みひもを互い違いに編み入れ、チェック柄を表現しました。柄の切り替え部分には帯をぐるりと回し、リボンをあしらいました。楕円底で定番的なサイズに仕上げた、使いやすいデザインです!
新着レシピ
風車の先端にパールビーズを止めつけた、エレガントなドイリーのレシピ!縁周りには、小さなギャザーを2段アレンジして華やかな印象に。真っ白なレースは汚れが気になる方が多いかと思いますが、1番のおすすめはやはり白です♪
ここではプリザーブドフラワーの中でも特に癒しの存在の「グリーンインテリア」の作品の中から、貝殻と組み合わせてアレンジしたマグネットの作り方をご紹介!形がユニークなエアプランツはその表情もさまざま。オリジナルに富んだ作品が完成しますよ。
爽やかなコーディネートに仕上がる!Tピン・9ピンに丸玉のウッドビーズを通した、直線と曲線をあわせ持った小枝風のアクセサリーです。ラタンパーツをつなぐクリップ形のバチカンは、直線的な星型をチョイスすることで、キリっと全体を引き締めています。
白いレースではなく、落ち着いた色合いの配色を選んで、アメリカで古くからある技法のスターステッチ模様と、長編みとピコット編みを組み合わせた模様編みをします。ひも先の飾り編みがキュート!巾着タイプなのも便利ですね!
298views 布小物

ぬくもりのイチオシ!

orgami disney_banner

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

楽しい!手芸の本がいっぱい!