MENU
ぬくもりは、ハンドメイド・手作り作品の作り方をご紹介するサイトです。 子どもや初心者さん向けの簡単でかわいいものから、上級者向けのレシピまで取り揃えています!
棒針編みの基本の編み方「作り目」の仕方をご紹介!

棒針編みの基本の編み方「作り目」の仕方をご紹介!

棒針編みをするときに知っておきたい、一般的な作り目の仕方、あとから解ける作り目の仕方、作り目を輪にする方法を分かりやすく画像付きで解説。棒針編みの基本の編み方となるため、初心者の方は必見です。

一般的な作り目の仕方

糸端から編み幅の3~4倍を残したところで輪を作り、輪の中から糸を引き出して棒針2本にかけます。これが1目めになります。

左手の人差し指と親指に糸をかけ、残りの指で糸をおさえます。1目めを右手の人差し指でおさえます。

親指の外側の糸に矢印のように棒針を入れてかけます。

人差し指にかかっている糸に矢印のように棒針を入れてかけます。

人差し指にかかっている糸を手前に引き寄せ、親指の輪から引き出します。

親指にかかっている糸をはずします。

親指からはずした糸に、内側から親指をかけて糸を引きしめます。③~⑦をくり返します。

必要目数を作ったら棒針を1本抜き取ります。この作り目を1段と数えます。

あとから解ける作り目の仕方

別糸で必要目数より5目ぐらい多くゆるめの鎖編みを編みます。

鎖の裏山に棒針を入れ、1段めを編みます。

必要目数編みます。この作り目を1段めと数えます。

あとから解ける作り目の目の拾い方

あとで目を拾うときは別糸の鎖目を解きながら棒針に目を取ります。

輪の中に棒針を入れます。

作り目を輪にする方法

作り目を3本の針に分けます。

4本めの針で編み進めます。

関連するキーワード
関連記事
編み針編みをするときに知っておきたい、「すくいとじ」、「メリヤスはぎ」、「引き抜きはぎ」、「かぶせはぎ」のやり方をご紹介。
棒針編みをするときに知っておきたい、しぼり止めと伏せ止めのやり方をご紹介。
新着レシピ
きせかえも楽しめる、子供に大人気の折り紙レシピがこちら!おしゃれな服とファッションアイテムに身を包んだきれいなお姉さんの折り方をご紹介します。柄の入った折り紙を上手に使って大人のすてきな雰囲気を再現しましょう♪
秋冬に欠かせないコーデアイテム、キャップ。ここでは、模様ができあがっていくのが楽しい幾何学模様のキャップの作り方をご紹介します。輪編みなので、常に表側を見ながら安心して編めます。裏側に糸が渡るので厚みが出て、とってもあたたか。
少し肌寒いときにカバンにしのばせておくと便利な、おしゃれなデザインのストールのレシピです。繊細な印象の透かし編みは、かけ目や減らし目を組み合わせてきれいな模様をつくります。軽やかに編み上げられるので、ストールにぴったりの編み地ですよ。
カラフルでとても個性的な、野菜の形をしたギフト箱のレシピをご紹介します♪パンチを使って穴を開け、葉っぱと実を繋ぎます。ラディッシュ、ダイコン、ニンジンなど、作りたい野菜の色に合った折り紙を準備しましょう!
雰囲気のある和布地で作るリュックのレシピをご紹介します。小さめサイズでやや下めでかけるデザイン。両手があくので、出先でのスマホ操作もラクちん!リュックのひも先は、三角タブ利用の結びどめになっていておしゃれですよ♪

ぬくもりのイチオシ!

orgami disney_banner

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

楽しい!手芸の本がいっぱい!