MENU
ぬくもりは、ハンドメイドや手作り実用書の出版社「ブティック社」のレシピを厳選して無料で公開しています。折り紙、工作、刺繍、パッチワーク、家庭菜園、園芸、DIYなど多ジャンルで展開中です。
反物で作る「レディス浴衣」の作り方

反物で作る「レディス浴衣」の作り方

女性用の浴衣を手作りしましょう!大きめのモチーフを大胆に配置した柄ゆきは若い女性におすすめです。No.18はあじさいで埋め尽くされた藍染めが、正統派でありながら新鮮な印象に!No.19のバラとリボンが華やかな浴衣には、落ち着いた色の帯を選びましょう。

perm_media 《画像ギャラリー》反物で作る「レディス浴衣」の作り方の画像をチェック! navigate_next

裁つ前に

布調べ、地直しをします。次に布地の見積もりをします。反物は「たたみ積もり」をします。
コットン地の場合はコットン地の裁ち方図をかえることによって、どんな布幅でも裁断できますが、柄合わせをする場合や一方方向の柄などは表記してある用尺より多く見積もっておきます。

必要な材料

1点分
S・M・Lサイズ
・表布(レディスゆかた用反物)38cm幅 1反
・三つ衿芯・カ布(新モスまたは表布) 32cm×10cm

【基本】たたみ積もり

(反物は折りたたんで用尺を見積もる)
*サイズ表示 上段=Sサイズ、中段=Mサイズ、下段=Lサイズ 1つしかない数字は共通

【基本】反物の裁ち方図

※裁つ前に折りたたんで用尺を見積もりましょう。

【基本】裁つときに

■丈の見積もり方を参考にします。(下記参照)
■反物の総寸法を測り、布が足りるかどうかを見ます。
■染めムラ、織りキズがないかどうかを確認し、目立つ場合は糸印をして、柄合わせのときに目立たない場所に持っていきます。
■裁つ部分の糸を一本抜き、その線に沿って裁つと布が平行(布目を通す)に裁てます。
■最初に5つの部分(身頃2枚、袖2枚、おくみと衿1枚)に裁ったら、おくみと衿の布を4つの部分(おくみ2枚、衿1枚、共衿1枚)に裁ちます。

*丈の見積もり方

【基本】印つけ

*袖の印つけ

01 おもてを内側に合わせて二つ折りにし、2枚の袖を重ね合わせます。
02 袖山を左に、袖口側を上にして置きます。

03 袖口側から袖幅をとり、袖山に山印をつけます。
04 袖口、袖つけ側、袖下の順に印をつけ、丸みは8cmの丸み型を使って、通しべらで印をつけます。

*前・後ろ身頃の印つけの準備

01 身頃のおもてを内側に合わせ、後ろ身頃を左に、背中央を手前にして置きます。

02 2等分の位置を2cm後ろ身頃側にずらします。

03 2cmのくりこしあげをつけます。

*前・後ろ身頃の印つけ

01 後ろ身頃は背中央側から肩幅をとり、肩山に山印を入れ、裾、背中央の印をつけます。

02 くりこしあげ分はずらしてたるませておきます。背中央の肩山から40cmの位置で後ろ幅をとり、肩幅と結んで、袖つけ、身八つ口の印をつけ、次に脇の印をつけます。(ここでの印は前身頃までつくようにしっかりつけます。)

03 身八つ口止まりから4cm下に、くりこしあげ位置の印をつけます。(前身頃には印がつかないように軽くつけます。)

04 後ろ身頃を左に開き、前身頃の袖つけ、身八つ口、脇の印を確認し、裾で脇から前幅をとります。

05 衿肩あきから0.3cm外側に印をつけ、肩山からおくみ下がりの印をつけます。おくみ下がりの位置と裾を結ぶおくみつけ位置の印をつけます。(おくみつけ寸法を測っておきます。)

06 衿つけの印をつけ、衿肩あきの1cm手前まで切り込みを入れます。

*おくみの印つけ

01 おもてを内側に合わせ、衿下を手前に、裾を右にして置きます。

02 裾、衿下の印をつけます。おくみつけ寸法を裾から測ります。

03 裾でおくみ幅、衿先の位置であいづま幅をとり、その残りの縫い代(◎)+2cmをおくみ先でとり、三点を結びます。

04 おくみ先から0.3cm下に剣先の印をつけ、衿先と結びます。(衿つけ寸法を測っておきます。)

【糸印】衿下を三つ折りぐけで始末すると、衿先の印がかくれるので、2~3針縫って印にします。

*衿と共衿の印つけ

01 おもてを内側に合わせ、衿山を左に置きます。図のように衿の寸法をとり、布目を通して裁ちます。

02 裁ち幅を揃えて、手前の衿つけ側から印をつけます。

03 共衿(残った布)は、おもてを内側に二つ折りにし、衿つけ側に印をつけます。

【作り方】縫い始める前に

前述の通り、布を裁ち、印をつけます。

※コットン地を使用する場合は、袖、身頃の脇とおくみつけ側の前端をそれぞれジグザグミシンで始末(作り方図を参照)をします。反物の場合は耳(布端)をそのまま利用します。

※解説では、印や縫い目がわかりやすいように目立つ色や線を使用しています。実際に縫う場合は、印はへらでつけ、縫い糸は表布と同系色の目立たない色を使用します。

【作り方】順序

後ろ

【作り方】1.袖を縫う

01 袖のおもてを外側にして二つに折り、袖下を縫います。

02 袖をうらに返して、袖口止まりから袖下を印どおりに縫います。

03 袖の丸み部分の縫い代を、手縫いで細かく2本縫います。

04
①袖の丸み型(下記参照)に合わせて糸を引き、縮めます。
②0.2cmのきせをかけ、縫い代を内側に折ります。丸みの縫い代は細かくひだを寄せて折ります。
③袖の丸み型を土台にして、丸みの縫い代を返し縫いで止めます。
④袖の丸み型をはずして、縫い代の角を内袖に小さく1針すくって縫い止めます。
※左右対称にもう1枚も同様に作る

*型紙の無料ダウンロードはこちらから

※袖の丸み型は、印つけや丸みを整えるときなどに使用します。丈夫な厚紙を利用して、作っておくと便利です。
※好みの丸みを厚紙に写しとる。

ATTENTION!
●A4サイズの紙で、縦で、倍率100%で印刷してください。
●型紙の無断転載や再配布、販売はご遠慮ください。
●型紙によるいかなるトラブルが発生しても弊社は一切責任を負わないものとします。

*きせのかけ方*
[きせをかける]
縫い上がったところを縫い目どおりに折らずに、余分に折ることを「きせをかける」と言います。
きせをかけると縫い目がかくれて、縫い合わせがきれいに見えます。
和服を縫うときは必ず「きせ」をかけます。

「きせのかけ方」

05 袖口を三つ折りぐけで始末をします。左右の袖は、対称に2枚作ります。

*三つ折りぐけ*
[三つ折りぐけ]折り山の中に針を通し、1cm先に針を出します。
[くけ]和裁の手縫いの縫い方のことを言い、三つ折りぐけ、耳ぐけ、本ぐけなどいろいろなくけ方があります。

「三つ折りぐけ」1

「三つ折りぐけ」2

「三つ折りぐけ」3

【作り方】2.身頃を縫う

01 身頃のおもてを内側に合わせて、くりこしあげ位置で2cm<りこしあげをつまんで、くりこしを縫います。

02 0.2cmのきせをかけて、くりこしあげを裾側に折り返します。

03 くりこしあげの折り山を三つ折りぐけの要領で、後ろ身頃に1cm間隔で折りぐけをします。

04 後ろ身頃のおもてを内側に合わせて、背中央を縫います。

05 背縫いの縫い代は衿肩あきを右側に置き、0.2cmのきせをかけて手前(左後ろ身頃側)に折り返します。

*耳ぐけ*
[耳ぐけ]
縫い代部分の布端を押さえるときに使う縫い方です。布端から0.2cm内側の位置を縫い、背縫い、脇線、袖つけの縫い代に使います。

「耳ぐけ」1

「耳ぐけ」2

*かくしじつけ*
[かくしじつけ(一目落とし)]
きせを押さえるときなどに使います。縫い目、折り山から0.2cm入った位置を縫います。

「かくしじつけ」1

「かくしじつけ」おもて側

「かくしじつけ」うら側

06
①背中央の縫い代を耳ぐけで、押さえます。
②前後身頃のおもてを内側に合わせて、身八つ口止まりから裾までの脇を縫います。

07 脇の縫い代は0.2cmのきせをかけて、前身頃側に折り返します。

08
①脇の縫い代は、くりこしあげ位置にかけて自然に開いて折り、続けて袖つけの縫い代を印から折ります。このとき前身八つ口の縫い代は伸ばします。
②開いた縫い代は、針目がおもてに出ないように、かくしじつけで押さえます。
③脇の縫い代、袖つけの縫い代を耳ぐけで押さえます。

【作り方】3.おくみをつける

01
①衿下を三つ折りぐけで始末をします。
②前身頃とおくみのおもてを合わせて、おくみ先から裾まで縫い合わせます。

02
①縫い代は0.2cmのきせをかけておくみ側に折ります。
②縫い代を耳ぐけで押さえます。

*①のきせのかけ方

03 おくみと前身頃をしつけで押さえます。

【作り方】4.裾線を縫う

01 つま先は額縁仕立てで始末をします。
02 裾は印どおりに三つ折りにしてまち針でとめ、 三つ折りぐけで始末をします。

*額縁仕立て*

01 斜線の位置が折り位置になります。

02 斜めの折り位置を折り上げます。

03 裁ち端を裾のでき上がりの印に合わせて、折り上げます。

04 裾のでき上がりの印から折り、三つ折りにします。額縁の折り山(つま先の角)から針を刺して糸を出します。

05 額縁を本ぐけで縫います。針を反対に向け、衿下の方向へ1針小さくすくいます。

06 裾の縫い代の中へ針を入れて、折り山の中を通り1cm先へ出します。続けて三つ折りぐけをします。

*きせ山の三つ折りぐけ*
[きせ山の三つ折りぐけ]
背縫い、脇縫いなどのきせ山が開かないようにするため、5ヶ所のきせ山位置で1針おもてに出します。

01 きせ山の0.2cm手前で折り山から糸を出します。

02 針を反対に向け、折り山とおもて側のきせ山を1針小さくすくいます。きせ山の位置で必ずおもてに1針出します。

03 折り山に針を入れ、折り山の中を通り1cm先へ出して、三つ折りぐけを続けます。

【作り方】5.力布をつける

[力布]衿肩あきの補強のためにつけます。

01 衿肩あきの縫い代を0.3cm残して切り込みを入れます。

02 カ布を縫いつけます。

*力布の作り方*

01 新モスまたは共布を5cm四方にカットします。

02 三角の二つ折りにし、1.2cm残してカットします。

03 裁ち端から0.4cmのところを細かく並縫いをします。

04 糸を絞って止め、わの方を丸く伸ばして、アイロンで整えます。

【作り方】6.衿をつける

01
①衿と身頃のおもてを合わせて、背中央から衿先まで、衿つけ位置を図の番号順にまち針でとめます。
②・③縫い代にしつけをかけます。
④印どおりにミシンで縫います。
⑤しつけをとりのぞきます。

02 三つ衿芯を衿肩まわりの縫い代に、しつけでとめます。

03
①表衿を印から折り返します。
②裏衿を引きぎみにして、印から0.8cmの縫い代側を縫います。

04 衿先の縫い代を印から折り返します。

05
①裏衿の縫い代を印から折り返します。
②衿の縫い代を衿先の縫い代に縫い止めます。

06
①衿をおもて側に返して、裏衿をでき上がりの位置で折り返します。
②裏衿は本ぐけにしますが、くけ始めとくけ終わりの1cmのところで、表衿と裏衿を通して1針おもてに出して止めます。

【作り方】7.共衿をつける

01 でき上がりの印どおりに縫い代を折り返します。

02
①表衿のおもてに共衿のうらを合わせて、衿山と背中央を合わせます。共衿にゆるみを入れながらまち針でとめます。
②共衿のつけ止まりを決め、糸で縫って糸印にします。

03 まち針をはずし、図のように衿の糸印に共衿の印を合わせて、まち針でとめます。

04
①共衿を裏衿側に折り、裏衿から0.5cm控えて共衿の縫い代を折り返します。
②共衿端は、印から0.5cm衿先側をミシンで縫います。反対側も同様に縫います。

05 共衿をおもてに返し、表衿に本ぐけで止めます。くけ始めとくけ終わりの1cmは表衿と共衿の折り山を揃えてくけますが、それ以外の間は共衿の折り山を表衿の折り山より0.2cm出してくけます。

06
①裏衿より0.5cm控えて、共衿の縫い代を折り返します。
②裏衿に本ぐけで、共衿をつけます。

【作り方】8.袖をつける、できあがり!

01
①内袖と前身頃のおもてを合わせて重ね、袖山と肩山の印を合わせて、まち針でとめます。
②身頃の袖つけ折り山より0.4cm内側を、袖つけ止まりから図のように縫います。

02
①袖の縫い代は、0.2cmのきせをかけて袖側に折り返します。
②袖の縫い代を耳ぐけで押さえます。
③袖つけ止まり、身八つ口止まり、袖口止まりにかんぬき止めをします。
できあがり!

*かんぬき止め*

浴衣作りについてもっと知りたい方におすすめ!

「手作りしたい みんなの浴衣と甚平」では、今回紹介した浴衣以外にもたくさんの浴衣に関するレシピをわかりやすく丁寧に紹介しております。

友だち追加
この記事のライター
関連記事
子供も大人も夢中になれるアイロンビーズは、かわいいハートやお花のキーホルダーやコースターが人気の作品!さらに立体的なキャラクターや車のビーズアートも作れます。ここでは基本の道具や簡単な作品を図案付きで紹介しています。
更新: 2021-07-26 15:36:32
夏の必需品、帽子!男の子にも女の子にもオススメしたいワークキャップのレシピをご紹介します。後ろはマジックテープ®でサイズ調整ができるのも便利。ひよけ布は取り外しもできるので、気温に合わせて使いましょう。
更新: 2021-07-26 12:00:00
可愛くてとっても便利なビーズで作るストラップ!ここでは透明感のあるキャンディカラーが可愛い、子供用のストラップのレシピをご紹介。大きな留め具と、暗い所で光る蓄光剤入り星ヒーズが目を引きます。(おすすめ:材料キット付き「キットビーズで作るマスクストラップ」)
更新: 2021-07-24 12:00:00
子供用の普段着にもお出掛け着にもなる、デイリーウェアのレシピをご紹介!ティアードスカートの切り替えを無地とレース地の2枚仕立てにして、リバーシブルで使えるようにしました。1着でいろいろな着こなしが楽しめてお得ですよ。
更新: 2021-07-20 12:00:00
毎日使う財布を手作りのものに新調しませんか♪折り畳み式はコンパクトでも容量はたっぷりあって便利です。ファスナーを開けると折りたたまれた小銭入れが大きく開きます。ぐるりと付けたレースファスナーの端はつつみボタンやヨーヨーキルトを飾りました。
更新: 2021-07-15 12:00:00
最新記事
日常の様々なシーンで使えるハンドメイドのワークウェアをご紹介します。ここでは、腕を汚れから守ってくれる「アームカバー」のレシピをピックアップ!エプロンやかっぽう着と一緒に使うと、お手軽に七分袖みたいに着られます♪
更新: 2021-07-28 12:00:00
ラッカセイの育て方を解説します。タネまきから油断せずカラス対策をして育ていていくのがポイント。自分で育てないとなかなか食べる機会がない「生の落花生」を味わえるのも、家庭菜園の醍醐味です。収穫後の美味しい食べ方もご紹介します。
92views 園芸レシピ
更新: 2021-07-27 12:00:00
子供も大人も夢中になれるアイロンビーズは、かわいいハートやお花のキーホルダーやコースターが人気の作品!さらに立体的なキャラクターや車のビーズアートも作れます。ここでは基本の道具や簡単な作品を図案付きで紹介しています。
更新: 2021-07-26 15:36:32
夏の必需品、帽子!男の子にも女の子にもオススメしたいワークキャップのレシピをご紹介します。後ろはマジックテープ®でサイズ調整ができるのも便利。ひよけ布は取り外しもできるので、気温に合わせて使いましょう。
更新: 2021-07-26 12:00:00
江戸時代後期の浮世絵師、葛飾北の代表作「富嶽三十六景」で脳活性をしましょう!ここでは「隅田川関屋の里」を点つなぎします。細かな数字をたよりに図柄を完成させていくには集中力が必要です。どんな作品が出来上がるのかというワクワク感も楽しめますよ。
142views ホビー
更新: 2021-07-25 12:00:00

ぬくもりのイチオシ!

orgami disney_banner

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

楽しい!手芸の本がいっぱい!

get_app
ダウンロードする
キャンセル