MENU
ぬくもりは、ハンドメイドや手作り実用書の出版社「ブティック社」のレシピを厳選して無料で公開しています。折り紙、工作、刺繍、パッチワーク、家庭菜園、園芸、DIYなど多ジャンルで展開中です。
一坪でできる野菜づくり!「ピーマン」育て方

一坪でできる野菜づくり!「ピーマン」育て方

たった1坪の土地さえあれば、野菜作りも十分にできます!ここでは生で食べても、炒め物にしても美味しい「ピーマン」の基本情報、種まき時期、育て方など、上手に育てるためのコツを解説しています。

perm_media 《画像ギャラリー》一坪でできる野菜づくり!「ピーマン」育て方の画像をチェック! navigate_next

ピーマンとは?(特徴)

生でも火を通しても美味しく食べられる野菜、ピーマン。苦みがやみつきになりますよね。比較的病害虫も少なく、栽培しやすい果菜です。

【基本情報】
・輪作:3~4年
・成育適温:20~30℃
・株間:40~50cm

育てるスケジュール(カレンダー)

上手に育てるためのポイント

・枝分かれしたところにつく一番果は、早めに摘み取って株の成長を助ける。
・はじめに枝分かれした2本と、そこから伸びる1本の枝を使って3本に仕立てる。
・収穫期間が長いので、早めに収穫して株を疲れさせない。

土づくり・畝づくり

土づくり:植えつけ2週間前に苦土石灰200g/平方メートル、植えつけ1週間前に堆肥3㎏/平方メートルと化成肥料200g/平方メートル

育て方

1 種まき ★3月下旬~4月中旬

①ポットに培養土を入れ、指先で3カ所窪みをつける。それぞれの窪みに1粒ずつ種をまく。

②土をかぶせて、表面を軽く押さえ、種と土が密着するようにたっぷりと水やりをする。発芽まで25~30℃で管理する。

2 間引き ★4月上旬~下旬

①本葉が4~5枚出てきたら間引きをする。

②成育の悪いものを選んで、つけ根からハサミで切って1株にする。

3 植えつけ ★4月下旬~5月

①本葉が8~10枚になったら、根鉢を崩さないようにポットから苗を取り出して株間40~50cmに植える。

②根鉢と土が密着するようにたっぷりと水やりをする。

③植えつけ後、仮支柱を立ててゆるめの8の字にひもを通し、支柱側で結ぶ。

4 芽かき ★4月下旬~6月上旬

①株が成長して枝分かれして、花(一番花)が咲いたら、枝分かれした部分から下のわき芽をすべて摘み取る。

②わき芽は傷口が乾きやすいように晴れた日の午前中に指で摘み取る。わき芽を摘むことで株の成長がよくなる。

5 一番果収穫(摘果) ★5月上旬~6月下旬

①枝分かれした部分の花が実になったら(一番果)、手で摘み取って株の成長をよくする。

②大きくならないうちに、早めに摘み取る。

6 支柱立て ★5月上旬~6月下旬

①枝が伸びはじめたら、はじめに枝分かれした枝2本とそこから伸びる1本を選び、それぞれの枝に沿わせて支柱を立てる。

②支柱を立てたらそれぞれの枝に、ゆるめの8の字にひもを通して支柱側で結ぶ。その後仮支柱を抜く。

7 追肥 ★5月中旬~9月

①一番果収穫後から、1カ月に1~2回追肥をする。畝の両脇に溝を掘ってマルチをめくる。溝に1平方メートル当たりひと握り(20~30g)の化成肥料を施す。

②溝に肥料を施したら、マルチを戻して土をかぶせる。

8 収穫 ★6月~10月中旬

実がついたら緑色の未熟なうちに、ヘタをハサミで切って収穫する。実が次々とできるので、とり遅れないようにして株を疲れさせない。

★Point!完熟した実は赤くなる
未熟な緑色のピーマンは完熟すると真っ赤になる。通常のものよりも栄養価が高く、苦みや香りも少なくなって食べやすいが、収穫できる実の数は少なくなる。

家庭菜園の基礎やレシピをもっと見たい方におすすめ!

「一坪でできる野菜づくり」では、今回紹介したレシピ以外にもたくさんの野菜作りの基礎やレシピをわかりやすく丁寧に紹介しております。

関連するキーワード
関連記事
畑に野菜の苗や種をまくためには「畝(うね)」が必要です。この畝をしっかり作ることで、野菜は安心して育つことができます。ここでは、ガッテン流の、すぐに植えることができる畝づくりの方法を解説していきます。
170views 園芸レシピ
更新: 2021-12-03 12:00:00
秋冬野菜づくりの超基礎情報をご紹介!有機栽培成功のための鉄則は、栽培の適期をきちんと守ることと、与える肥料の適量を守ることです。そうすれば、初心者でも病虫害に悩まされることなく、野菜が本来持っている味を引き出すことが可能になりますよ。
182views 園芸レシピ
更新: 2021-11-29 12:00:00
トウ立ちした花芽を楽しむ、人気のナバナ3種類について、家庭菜園での育て方をご紹介!ナバナはアブラナ科の野菜のことで、独特のほろ苦さが料理のアクセントになり、やみつきになります。初心者の方でも挑戦できるよう分かりやすく解説していきます。
221views 園芸レシピ
更新: 2021-11-09 12:00:00
初心者の方でも簡単に始められる、家庭用の「水耕栽培キット」の中から、おしゃれでおすすめの商品を厳選してまとめました!ミニトマトやハーブなどの野菜はもちろん、ヒヤシンスなどのお花も育成可能です。水耕栽培による野菜の育て方も掲載しています。
376views 園芸レシピ
更新: 2021-10-29 16:00:00
パクチーと言えばアジア料理に欠かせない、独特の強い香りをもったハーブです。タイ料理のトムヤムクンや、ベトナム料理のフォーなどに入っています。その味わいをもっと堪能したいなら、家庭菜園がおすすめ!ここでは育て方のポイントについてまとめました。
221views 園芸レシピ
更新: 2021-11-05 21:13:03
最新記事
クリスマスが待ち遠しくなるクリスマスツリーをパッチワークで作りましょう!定番のタペストリーも良いですが、立体的なツリーは存在感があり、とても素敵!オーナメントとしてつつみボタンを飾りました。【無料型紙あり】
更新: 2021-12-07 12:00:00
平結びした紐を交差してリング状にした、大人っぽいミサンガのレシピをご紹介します。ビーズをポイントに使って、エレガントに仕上げました。適度な存在感が、ファッションのアクセントにもなりそう!
更新: 2021-12-06 12:00:00
クリスマスや冬にピッタリのパッチワークミニキルトです。スノードームそのもののような球体の中に、雪だるまとトナカイをアップリケしました。雪はキャンドルウイック糸を使ってコロニアルノットステッチで描いています。【無料型紙あり】
更新: 2021-12-05 12:00:00
独特な配色とフラワーモチーフのような不思議なデザインがエキゾチックなキーリングのレシピです。ウッドービーズを付けたフリンジ部分も個性的で、おしゃれ!左右タッチング結びと、ひと結びを組み合わせて、作っていきます。
更新: 2021-12-04 12:00:00
畑に野菜の苗や種をまくためには「畝(うね)」が必要です。この畝をしっかり作ることで、野菜は安心して育つことができます。ここでは、ガッテン流の、すぐに植えることができる畝づくりの方法を解説していきます。
170views 園芸レシピ
更新: 2021-12-03 12:00:00
sps_banner

ぬくもりのオススメ

orgami
disney_banner

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

楽しい!手芸の本がいっぱい!

get_app
ダウンロードする
キャンセル