MENU
ぬくもりは、ハンドメイド・手作り作品の作り方をご紹介するサイトです。 子どもや初心者さん向けの簡単でかわいいものから、上級者向けのレシピまで取り揃えています!
かぎ針編みの基礎「製図の見方やゲージ」について

かぎ針編みの基礎「製図の見方やゲージ」について

ここでは、かぎ針編みの基礎について説明していきます。レース編みのドイリーや小物を作り際、まず初めに読んでくださいね。

編みはじめる前に

製図の見方

かぎ針編みの編み方図の見方

ゲージについて

「ゲージ」とは編み地の密度のことで、10cm四方の中の目数と段数を表しています。
ゲージは編む人の手によって変わるので、本の指定通りの糸・編み針を使っても同じ寸法になるとは限りません。必ず試し編みをして自分のゲージをはかりましょう。

目をつぶさない程度に軽くスチームアイロンをかけてから中央の10cm四方の目数・段数を数えます。

※本の指定ゲージよりも目数・段数が多い(目がきつい)場合は太い針に、少ない(目がゆるい)場合は細い針に替えて調節します。

往復編みと輪編み

■【往復編み】1段ごとに編み地を持ち替え、編み地の表側と裏側を交互に見ながら編みます。

※1段ずつ交互に、表側と裏側を見ながら矢印の方向に編んでいきます。(矢印が左向きのときは表側を見ながら、矢印が右向きのときは裏側を見ながら編みます)

■【輪編み】常に編み地の表側を見ながら、毎段同じ方向に編みます。

*中心から編み始める場合

糸の輪の作り目をし、中心から外側に向かって編んでいきます。常に表側を見ながら反時計回りに編みます。

*筒状に編む場合

鎖編みの作り目をして輪にし、1段編み終わるごとにその段の最初の目に引き抜き編みで輪につなぎます。らせん状に編んでいきます。

立ち上がりの鎖

段の最初に、その段の編み目の高さと同じ寸法に編む鎖編みのことを「立ち上がりの鎖」といいます。立ち上がりの鎖目は、細編み以外では段の最初の1目として数えます。

■必要な鎖の高さ

■細編みの場合

■中長編みの場合

■長編みの場合

こちらで紹介している基礎のやり方で作るレシピの一覧

ここまで紹介してきたやり方を使用して、さっそく作品を作ってみましょう!

関連するキーワード
関連記事
かぎ針編みで作品を編み始める前にチェックしておきたい基本事項についてまとめました!写真付きで丁寧に解説しています。
かぎ針編みをするときに知っておきたい、色を変えたいときに役立つ、糸の変え方をご紹介。
かぎ針編みの基礎「束(そく)に拾う」について、「目を割って入れる」との違いを解説しております。
かぎ針編みをするときに知っておきたい、しぼり止めのやり方をご紹介。
あみぐるみを手編みするときや編み物雑貨を手作りするときなど、かぎ針編みをするときに知っておきたい、糸始末のやり方を2通りご紹介。
新着レシピ
バラ園のプロが教える「本当に必要なバラの栽培テクニック」を、写真付きで分かりやすく解説します。美しいバラを育てるためには、いくつかのポイントがあります。病気にならずに健康的に育てて、見事な花を咲かせ、バラのある暮らしをぜひ楽しみましょう!
32views 園芸
ベージュ×モカベージュのリバーシブル生地を切り替えで効果的に使って、お洒落に仕上げたジャケットです。打ち合いが少し斜めになったアシンメトリーデザインで、袖はドロップショルダーなので、肩まわりがゆったりとしていて楽な着心地です♪
冬に必須の手作り小物といえば編み物!ここでは、マフラー、スヌード、ストール、ティペットのおすすめ作品を厳選してまとめて紹介します。どれも初心者向けの簡単なものばかり!棒針やかぎ針を使って1目ずつ編む時間はとても楽しく、充実することでしょう♪
471views まとめ
手作りの服を縫う際に知っておくと便利な「かこみ製図」について解説しています。かこみ製図は原型を使わない製図で、簡単に製図を引くことが出来ます。基本的に9号サイズを掲載していますが、ひとくちに9号と言ってもデザインやゆるみはさまざまです。
丸くてころんとした形がかわいらしいかごのレシピをご紹介します。基本の井桁底で丸底を作ります。側面は右3本なわ編みと、編みひも1本で縦ひも2本をとばすとばし編みでぐるぐる編んでいます。流れるようなとばし編みで、立体感のある側面になります。

ぬくもりのイチオシ!

orgami disney_banner

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

楽しい!手芸の本がいっぱい!