MENU
ぬくもりは、ハンドメイド・手作り作品の作り方をご紹介するサイトです。 子どもや初心者さん向けの簡単でかわいいものから、上級者向けのレシピまで取り揃えています!
タティングレースの基本【リングの作り方】

タティングレースの基本【リングの作り方】

タティングレースの作品を作る前に知っておきたい、リングの作り方を紹介。シャトルに巻いた糸1本を使用します。チェインの作り方で紹介した基本の1目を参照して作りましょう。

リングの作り方

シャトルに巻いた糸1本を使用します。チェインの作り方で紹介した基本の1目を参照して作りましょう。

左手に糸をかける

1. シャトルを巻いた糸の端から約15cmのところを左手の親指と中指でつまみ、立てた人差し指にかけます。
2. 続けて小指に掛けます。
3. 一周させた糸を親指の中指ではさみます。

目を作る

1. 左手でおさえたところからシャトルまでの糸の長さを15~20cmにします。
2. 糸を右手の小指に沿わせたまま手首を返し、甲側にくるようにします。
3. シャトルを左手の糸にくぐらせます。

4. 右手のシャトルを惹きます。
5. 表目のできあがりです。
6. 続いて裏目を作ります。

7. 裏目のできあがりです。

★作っている途中で左手にかけている輪が小さくなったら、、、
目をいくつか作っていくと、左手にかかっている糸の輪が次第に小さくなっていきます。
その場合は、左手に糸をかけたまま、輪の小指側の糸を右手でもって、下方向に引いて輪を広げます。このとき左手の親指と中指で目を軽くおさえながら引きます。

8. 必要目数を作ったところです。写真は、わかりやすいように左手からはずしています。
9. 最後に作った目を左手でおさえ、右手でシャトルの糸を引き、糸の輪を引きしめます。

10. 糸の輪をひきしめて、リングのできあがりです。

タティングレース作品のレシピ

基礎を理解したら、さっそく作品作りに取り掛かりましょう!
ぬくもりで紹介しているレシピは、下のボタンをクリックしてチェック!

関連するキーワード
関連記事
タティングレースの作品を作る前に知っておきたい、ピコの作り方を紹介。
タティングレースの作品を作るときに知っておきたい、チェーン(表目・裏目)の作り方を紹介。チェインを作りながら「基本の1目」をしっかりマスターしましょう。基本の結び目である、「ダブルステッチ」の説明もします。
タティングレースの作品を作る前に知っておきたい、タティングシャトルに糸を巻き方を紹介。
新着レシピ
フランス語で「釣り鐘」を意味するクロッシェ。ここではモチーフをブレード状に配置した、かわいらしいスモーキーピンクのモヘアの糸を選んで、ふんわりやさしい雰囲気に仕上げました!プレゼントにもぴったりな、清楚で素敵な作品です。
冬の定番作品!「ゆきだるまをいっぱい作りたい!」と思った子供のころを思い出して、たくさん折り紙で作ってみましょう。マフラーはマスキングテープを使うことで、より簡単に、より色んなデザインで、仕上げることができますよ!
折り紙を使って大きな「壁面飾り」を作る際に必要な、基本的な情報をご紹介します。素材となる「折り紙」のサイズや基本的な技法、そして壁面に貼る際のコツを掴んでから、作品作りに取り掛かりましょう!
エダマメといえば、おつまみの定番!色鮮やかな黄みどり色が綺麗なため、色んな料理のアクセントにも使われますよね。ここでは、家庭菜園の基礎情報として、種まきの時期などの基本から、育て方を、丁寧にご紹介しています!
213views 野菜
ユニット折り紙の中級編!本体とデコレーションパーツを組み合わせて作るシリーズから、コティヨン×ジルコンのレシピをご紹介します。作品名は、パワーストーンとして知られるジルコンの結晶に見えることに由来しています。

ぬくもりのイチオシ!

orgami disney_banner

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

楽しい!手芸の本がいっぱい!