MENU
ぬくもりは、ハンドメイド・手作り作品の作り方をご紹介するサイトです。 子どもや初心者さん向けの簡単でかわいいものから、上級者向けのレシピまで取り揃えています!
アクセサリーの作り方基礎「ピンの種類、使い方」について

アクセサリーの作り方基礎「ピンの種類、使い方」について

アクセサリーに必要なパーツを作るときに必ず使うテクニックを覚えましょう。ここでは、ピンの種類の紹介と、「Tピン・9ピン」の使い方をご紹介します。綺麗に曲げられるようになるまで練習あるのみ!

ピンの種類

主に使うピンは3種類で、太さや長さが様々。
ビーズの種類やデザインによって使い分けます。

Tピン

T字になっているピン。
大きなビーズのパーツを作るときなどに使う。

9ピン

先が輪になった9の形に似ているピン。
ビーズの両端に他のパーツを繋げるときに仕様。

デザインピン

Tピンの一種で、先端が丸くなっていたりデザインが施されたピン。

Tピン・9ピン留めのやり方

【1】ビーズをピン(ここでは9ピン)を止まるまで差し込み、ビーズのきわで90°に曲げる。
【2】先端を7~8mm残してニッパーでカットする。

【3】丸やっとこを手のひらを上に向けて持ち、ピンの先を挟む。手首を返すようにして丸やっとこを回転させる。
【4】平やっとこで輪の形を整える。丸める方向が互い違いになるように注意する。

【POINT】9ピンの両端に注意
9ピンの輪の向きがバラバラだと、繋いだときにねじれてしまう。
輪の切れ目に隙間があいたり、輪がゆがまないように作ることがポイント。

【POINT】パーツを繋ぐ時
パーツ同士を繋ぐときは、前後にずらして開閉する。

関連記事
近年編み物好きに流行している「リフ編み」は、トルコ発祥の編み方です。ふっくらとしたお花のような模様が特徴で、大人かわいい雰囲気になります。ここでは基本的な編み方を画像付きで丁寧にご紹介します。
ユニット折り紙の作品を作る過程で必要な「組み方」の中から、『30枚組の組み方』について画像を交えて分かりやすく丁寧に解説します。
ユニット折り紙の作品を作る過程で必要な「組み方」の中から、『12枚組の組み方』について画像を交えて分かりやすく丁寧に解説します。
ユニット折り紙の作品を作る過程で必要な「組み方」の中から、『6枚組の組み方』について画像を交えて分かりやすく丁寧に解説します。
新着レシピ
夏の暮らしに取り入れたいパッチワークのレシピ!薄地を使ったり、キルト綿を挟むことはしないので、軽い仕上がりに♪木立の柄をそのまま生かし、プリントの中にある色で作ったヨーヨーキルトを飾っています。木々の間を抜ける心地よい風を感じられそう!
縁起物を折り紙で作りましょう!願い事をしながら振るとそれが叶うと言われるのが打ち出の小槌は、金運アップのご利益がありそう!一寸法師の民話に登場し、一寸法師の体を大きくしたり、小判を出したりしているシーンは特に印象的ですよね。
夏になると持ちたくなるのがかごバッグ!カラフルなストリングつなぎに赤い持ち手が似合うバッグのレシピです。麻糸で編んだかごはナチュラルにも和風にもキュートなカラーにも合います。しなやかで布になじむのも魅力です。
手軽に折り紙で作れる小物たち!その場でさっと折れたらステキですよね!紙の選び方やちょっとしたコツだけでより良く作れるようになります!ここでは、絶対に知っておきたい基本的な情報をご紹介しますので、作品に取り掛かる前に、一度読んでみてくださいね。
カットウッドのアルファベット「HOME」に花のパターンをペインティング! 文字の形にカットされたような花のデザインは、広がる花模様をイメージできます。まるでボタニカルプリントの布地をアルファベットに貼り付けたような素敵な仕上がりになりますよ!
244views ペイント

ぬくもりのイチオシ!

orgami disney_banner

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

楽しい!手芸の本がいっぱい!