MENU
ぬくもりは、ハンドメイド・手作り作品の作り方をご紹介するサイトです。 子どもや初心者さん向けの簡単でかわいいものから、上級者向けのレシピまで取り揃えています!
アクセサリーの作り方基礎「ピンの種類、使い方」について

アクセサリーの作り方基礎「ピンの種類、使い方」について

アクセサリーに必要なパーツを作るときに必ず使うテクニックを覚えましょう。ここでは、ピンの種類の紹介と、「Tピン・9ピン」の使い方をご紹介します。綺麗に曲げられるようになるまで練習あるのみ!

ピンの種類

主に使うピンは3種類で、太さや長さが様々。
ビーズの種類やデザインによって使い分けます。

Tピン

T字になっているピン。
大きなビーズのパーツを作るときなどに使う。

9ピン

先が輪になった9の形に似ているピン。
ビーズの両端に他のパーツを繋げるときに仕様。

デザインピン

Tピンの一種で、先端が丸くなっていたりデザインが施されたピン。

Tピン・9ピン留めのやり方

【1】ビーズをピン(ここでは9ピン)を止まるまで差し込み、ビーズのきわで90°に曲げる。
【2】先端を7~8mm残してニッパーでカットする。

【3】丸やっとこを手のひらを上に向けて持ち、ピンの先を挟む。手首を返すようにして丸やっとこを回転させる。
【4】平やっとこで輪の形を整える。丸める方向が互い違いになるように注意する。

【POINT】9ピンの両端に注意
9ピンの輪の向きがバラバラだと、繋いだときにねじれてしまう。
輪の切れ目に隙間があいたり、輪がゆがまないように作ることがポイント。

【POINT】パーツを繋ぐ時
パーツ同士を繋ぐときは、前後にずらして開閉する。

関連記事
近年編み物好きに流行している「リフ編み」は、トルコ発祥の編み方です。ふっくらとしたお花のような模様が特徴で、大人かわいい雰囲気になります。ここでは基本的な編み方を画像付きで丁寧にご紹介します。
ユニット折り紙の作品を作る過程で必要な「組み方」の中から、『30枚組の組み方』について画像を交えて分かりやすく丁寧に解説します。
ユニット折り紙の作品を作る過程で必要な「組み方」の中から、『12枚組の組み方』について画像を交えて分かりやすく丁寧に解説します。
ユニット折り紙の作品を作る過程で必要な「組み方」の中から、『6枚組の組み方』について画像を交えて分かりやすく丁寧に解説します。
新着レシピ
爽やかなコーディネートに仕上がる!Tピン・9ピンに丸玉のウッドビーズを通した、直線と曲線をあわせ持った小枝風のアクセサリーです。ラタンパーツをつなぐクリップ形のバチカンは、直線的な星型をチョイスすることで、キリっと全体を引き締めています。
白いレースではなく、落ち着いた色合いの配色を選んで、アメリカで古くからある技法のスターステッチ模様と、長編みとピコット編みを組み合わせた模様編みをします。ひも先の飾り編みがキュート!巾着タイプなのも便利ですね!
228views 布小物
1mの生地を用意するだけで、お揃いのヘアアクセサリーと服を作れます!うさみみのカチュームは中にワイヤーが入っているので、ねじるだけでぴたっとフィット♪ストライプのキャミワンピは、裾のフリルをボーダー使いにしてキュートに仕上がっています!
ナチュラルウッドの刺しゅう枠のフレームに透明感のあるチュールを貼って、可憐なお花で自由にアレンジを楽しむ。そんな新しいハンドメイドがキットになりました。 万華鏡(カレイドスコープ)のように彩り広がる花の世界をぜひ味わってみてください!

ぬくもりのイチオシ!

orgami disney_banner

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

楽しい!手芸の本がいっぱい!