MENU
ぬくもりは、ハンドメイド・手作り作品の作り方をご紹介するサイトです。 子どもや初心者さん向けの簡単でかわいいものから、上級者向けのレシピまで取り揃えています!
親子で楽しめる!草木染めの基礎「必要なものと基本の染め方」

親子で楽しめる!草木染めの基礎「必要なものと基本の染め方」

花や草など自然の植物が本来持つ色を使っておこなう染め方です。草木染めとお料理は少し似ています。材料を切りそろえたり、ぐつぐつ煮込んだり。植物の出汁をとって布に煮含めていくのが、基本の染め方です。難しく考えず、まずは自宅の台所で、気軽に挑戦してみましょう!

必要なものを準備する

最初は鍋やボウルなど、台所にあるものを利用してみましょう。竹製のザルや木の箸は色が染み込みやすいため、不要になったものを活用することをおすすめします。

①ザル:ステンレス製や竹製を。

②不織布:台所用の排水カバーなども利用できます。さらし布でもかまいません。

③ボウル:素材は、ステンレス、ホウロウ、耐熱ガラスなど。直径30cm以上あるといろいろ染められます。※ステンレス以外の金属製は変色する可能性があるので注意。

④バケツ:プラスチック製のものが軽くて扱いやすいです。

⑤剪定ばさみ:細い枝を切るときにあると便利です。

⑥はさみ:草の茎や葉を切るときに使います。

⑦皿:染料や布、みょうばんなどを計量する際に使います。

⑧箸:色がつくので、料理用で不要になったものを利用しましょう。

⑨スケール:デジタル製が扱いやすく便利です。

⑩媒染剤:みょうばんなど。植物の色を定着させるのに必要です。

染める素材を選ぶ

草木染めは、基本的にシルクやウールなど動物性の繊維によく染まり、植物性の繊維である木綿や麻は染まり方が薄いのが特徴です。アクリル化繊にはほとんど染まりません。
また、混紡のものはそれぞれの繊維の特質によって染まり方が違い、その中でもシルクが混ざっている生地は、比較的染まりやすい傾向にあります。

*シルク

もっともよく染まります。通常染める前に特別な処理は必要ありませんが、染料店などで「精錬済み(※)」と説明のある生地を選ぶと扱いやすいでしょう。

▲ビワの葉染め・シルク

*木綿

濃く染めたい場合は濃染処理を行います。布の表面に糊がついている場合は、ぬるま湯で洗濯しておきましょう。

▲ビワの葉染め・木綿

*麻

よく染まります。高温で糸を動かすとフェルト化しやすいので、あまり動かさずに作業をし、湯温が冷めてから絞るなど注意が必要です。

▲ビワの葉染め・麻

*毛糸

よく染まります。高温で糸を動かすとフェルト化しやすいので、あまり動かさずに作業をし、湯温が冷めてから絞るなど注意が必要です。

▲ビワの葉染め・毛糸

*フェルト

よく染まります。取り扱いはシルクと同様ですが、水を弾いてしまう場合は、ぬるま湯に浸けウール用洗剤で洗ってから作業します

▲ビワの葉染め・フェルト

草木染めの作品レシピ

基本情報を覚えたら、さっそく作品作りに取り掛かりましょう!
ぬくもりで紹介しているレシピは、下のボタンをクリックしてチェック!

関連記事
身近な草花で草木染めを楽しもう!学名はArtemisia(アルテミシア)、豊穣を司る月の女神の名前です。それにふさわしく、素晴らしい薬効があり素朴で美しい色が抽出され、においにも癒されます。染めたあとのヨモギはガーゼに包んでお風呂へ入れてみましょう。
7702views 草木染め
おうちで売草木染めにチャレンジ!タマネギの皮はシルクにも木綿にも染まりやすく、手軽に使用できます。ビニール袋などにとっておいて、たまったら染めてみましょう。紫タマネギの皮を使いましたが、普通のタマネギでも黄色系の鮮やかな発色を楽しめます。
3556views 草木染め
親子での工作にも!草木染めのおすすめレシピをご紹介します。時間をかけて水から色を抽出する方法で、紅葉した桜の落ち葉からも、桜色を分けてもらえます。なるべく赤みのある、きれいな葉っぱを集めてください。雨に打たれて茶色になった葉が混ざると液がにごりますので、ご注意を。
1814views 草木染め
新着レシピ
きせかえも楽しめる、子供に大人気の折り紙レシピがこちら!おしゃれな服とファッションアイテムに身を包んだきれいなお姉さんの折り方をご紹介します。柄の入った折り紙を上手に使って大人のすてきな雰囲気を再現しましょう♪
秋冬に欠かせないコーデアイテム、キャップ。ここでは、模様ができあがっていくのが楽しい幾何学模様のキャップの作り方をご紹介します。輪編みなので、常に表側を見ながら安心して編めます。裏側に糸が渡るので厚みが出て、とってもあたたか。
少し肌寒いときにカバンにしのばせておくと便利な、おしゃれなデザインのストールのレシピです。繊細な印象の透かし編みは、かけ目や減らし目を組み合わせてきれいな模様をつくります。軽やかに編み上げられるので、ストールにぴったりの編み地ですよ。
カラフルでとても個性的な、野菜の形をしたギフト箱のレシピをご紹介します♪パンチを使って穴を開け、葉っぱと実を繋ぎます。ラディッシュ、ダイコン、ニンジンなど、作りたい野菜の色に合った折り紙を準備しましょう!
雰囲気のある和布地で作るリュックのレシピをご紹介します。小さめサイズでやや下めでかけるデザイン。両手があくので、出先でのスマホ操作もラクちん!リュックのひも先は、三角タブ利用の結びどめになっていておしゃれですよ♪

ぬくもりのイチオシ!

orgami disney_banner

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

楽しい!手芸の本がいっぱい!