MENU
ぬくもりは、ハンドメイド・手作り作品の作り方をご紹介するサイトです。 子どもや初心者さん向けの簡単でかわいいものから、上級者向けのレシピまで取り揃えています!
和布の「キルティングバッグ」作り方

和布の「キルティングバッグ」作り方

内袋が巾着になっているバッグは使い勝手抜群!本体は白糸でキルティングした9cm角のパーツ同士をフェザーステッチでつなぎ合わせています。持ち手、裏布、口布にお気に入りの古布を使用すれば、外出がさらに楽しくなるはず♪

必要な材料

・A布(綿麻・白)112cm幅50cm
・B布(木綿・柄)65cm幅40cm
・C布(木綿・花柄)80cm幅70cm
・D布(木綿・裏打ち布)80cm幅45cm
・キルトわた90cm幅45cm
・コード太さ0.4cm×200cm
・ひも太さ0.3cm×80cm
・ビーズ直径1.6 cm×4個
・5番刺しゅう糸(グレー)
・ステッチ糸(白)

製図

◆製図の中の□囲み数字は縫い代幅です。指定以外の縫い代幅は1cmです。

*表底、裏底、持ち手、表袋布、裏袋布、パッチワーク布

【表底】
●A布・1枚
●D布・1枚
●キルトわた・1枚

【裏底】
●C布・1枚

【持ち手】
●B布・4枚
●キルトわた・2枚

【表袋布】
●パッチワークした布・2枚
●D布・2枚
●キルトわた・2枚

【裏袋布】
●C布・2枚

【パッチワーク布】
●A布・24枚

*口布

【口布】
●B布・2枚

各縫い方

*フェザーステッチ

*ミシンの直線の縫い方

ミシンの縫い方の基本です。布地によって、針目を調節します。
厚地の布を縫い合わせる時は少し大きい針目で、薄地の時は、少し細かい針目で縫います。
向こう側の手は引きかげんに、手前側の手は布を軽く押さえ、向こうに押すように進めるとよいです。

作り方

01 パッチワークして、キルティングをする

02 脇線を縫い、刺しゅうをする

03 表底を作り、つける

04 内ポケットを作り、裏袋布につける

05 裏袋布を作る

06 持ち手を作る

07 口布を作る

08 入れ口を縫う

09 コードを通す でき上がり!

着物や古布のおしゃれな作品のレシピをもっと見たい方におすすめ!

「ずっと大切に使いたい和布の袋物」では、今回紹介したレシピ以外にもたくさんの着物や古布のおしゃれな作品のレシピをわかりやすく丁寧に紹介しております。

関連するキーワード
関連記事
おしゃれに仕上がるエコアンダリヤを使ったバッグのレシピの中から、引き上げ編みで描く、立体的なリーフ模様が素敵なバッグの作り方をご紹介します。ぷっくりとしていて収納力もあり、持つだけで心おどる楽しいデザインで、どんな服にも合いますよ。
持ち手が本体とひと続きになったデザインのエコバッグです。持ち手のつなぎ方をO型からU型に変えたデザインです。メンズでも持てるボーダー柄の帆布で作りました。内ポケットを外に引き出し本体をたたんで収納できるのもポイントです!
春夏にぴったりのラフィア風の糸、エコアンダリヤで作る、編み地にでこぼことしたニュアンスのある、すじ編みのトートバッグです!くったりしたフォルムが重たさを感じさせず、さらりと持てるのが良いところ。ナチュラルなカラーなのでどんなコーデにも♪
毎日持ち歩きたくなるようなバッグを手作りしましょう!ここでは入れ口をキュッと絞って使う、巾着タイプの手提げのレシピをご紹介します。ひもを絞らなければ、A4サイズの書類がすっきり収まりますよ。お気に入りの柄を使えばテンションも上がりますよね!
日々の暮らしで使える、ふだん使いのバッグのレシピをご紹介!持ち手の下に施したギャザーでソフトなかたちに仕上がった大島紬調プリントのバッグです。紫色の裏布もアクセントになっています。シンプルなコーディネートに合わせて!
新着レシピ
香味野菜の代表シソ。香りよく、何に入れても格段と風味がよくなり、美味しさが増しますよね。ここではそんなシソを育てるときに必要な基本的な情報、準備するもの、育て方を解説していきます。予算1000円以内の安さでできるので、コスパ抜群ですよ!
30views 野菜
日常使いできる折り紙として一番人気なのが「箱」!ここではスライドして開ける仕組みがお菓子の箱を連想させるキャラメルBOXのレシピをご紹介します!外側に入ったラインがアクセントになっていて、とてもおしゃれ!簡単にできるのもいいですね、
庭づくりを楽しみたい人、必見!素敵な庭づくりのためには必ず知っておきたい「庭木」の基本的な情報(分類や性質・植え方・手入れのコツなど)を、画像付きで、初心者にも分かりやすく解説します。
293views 庭づくり
新感覚の固まるハーバリウム作品!花やフルーツを入れて2液性レジンを注ぐだけで、自然と固まり丈夫な作品ができあがります。透明感あふれるデザインが部屋を華やかに彩りますよ。カラフルで可愛いらしい見た目は、思わず食べてしまいたくなりますね♪
385views 工作
日常的に利用することが多い小型家電の1つ「アイロン」は、ハンドメイドでも欠かせないアイテムです!ここでは、いまさら人には聞けない、アイロンの基本情報をご紹介します。各部の名称や、温度の選び方、使い方を、画像付きで解説していきます。

ぬくもりのイチオシ!

orgami disney_banner

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

楽しい!手芸の本がいっぱい!