MENU
ぬくもりは、ハンドメイド・手作り作品の作り方をご紹介するサイトです。 子どもや初心者さん向けの簡単でかわいいものから、上級者向けのレシピまで取り揃えています!
和布の「キルティングバッグ」作り方

和布の「キルティングバッグ」作り方

内袋が巾着になっているバッグは使い勝手抜群!本体は白糸でキルティングした9cm角のパーツ同士をフェザーステッチでつなぎ合わせています。持ち手、裏布、口布にお気に入りの古布を使用すれば、外出がさらに楽しくなるはず♪

必要な材料

・A布(綿麻・白)112cm幅50cm
・B布(木綿・柄)65cm幅40cm
・C布(木綿・花柄)80cm幅70cm
・D布(木綿・裏打ち布)80cm幅45cm
・キルトわた90cm幅45cm
・コード太さ0.4cm×200cm
・ひも太さ0.3cm×80cm
・ビーズ直径1.6 cm×4個
・5番刺しゅう糸(グレー)
・ステッチ糸(白)

製図

◆製図の中の□囲み数字は縫い代幅です。指定以外の縫い代幅は1cmです。

*表底、裏底、持ち手、表袋布、裏袋布、パッチワーク布

【表底】
●A布・1枚
●D布・1枚
●キルトわた・1枚

【裏底】
●C布・1枚

【持ち手】
●B布・4枚
●キルトわた・2枚

【表袋布】
●パッチワークした布・2枚
●D布・2枚
●キルトわた・2枚

【裏袋布】
●C布・2枚

【パッチワーク布】
●A布・24枚

*口布

【口布】
●B布・2枚

各縫い方

*フェザーステッチ

*ミシンの直線の縫い方

ミシンの縫い方の基本です。布地によって、針目を調節します。
厚地の布を縫い合わせる時は少し大きい針目で、薄地の時は、少し細かい針目で縫います。
向こう側の手は引きかげんに、手前側の手は布を軽く押さえ、向こうに押すように進めるとよいです。

作り方

01 パッチワークして、キルティングをする

02 脇線を縫い、刺しゅうをする

03 表底を作り、つける

04 内ポケットを作り、裏袋布につける

05 裏袋布を作る

06 持ち手を作る

07 口布を作る

08 入れ口を縫う

09 コードを通す でき上がり!

着物や古布のおしゃれな作品のレシピをもっと見たい方におすすめ!

「ずっと大切に使いたい和布の袋物」では、今回紹介したレシピ以外にもたくさんの着物や古布のおしゃれな作品のレシピをわかりやすく丁寧に紹介しております。

関連するキーワード
関連記事
雰囲気のある和布地で作るリュックのレシピをご紹介します。小さめサイズでやや下めでかけるデザイン。両手があくので、出先でのスマホ操作もラクちん!リュックのひも先は、三角タブ利用の結びどめになっていておしゃれですよ♪
人気講師の山本めぐみさんが提案する、紙ニットのレーシーバッグ。だ円形のバッグ底を活かして、マクラメ編みで編み上げます。内袋を外して、小物をポーチにまとめて入れ、スケルトンバッグとして使うのも楽しい使い方ですね。
紙バンドと紙ラタンを組み合わせ、大きくて丸いバンブーの持ち手を大胆に活かしたルームシューズバスケットのレシピをご紹介します。大きな持ち手で、持ち運びもラクラクです♪浅型で出し入れしやすく、かごバッグとしても楽しめる素敵なデザインです!
初心者の方にも分かりやすい紙バンド雑貨のレシピです。底と側面の境にギャザーを寄せたような編み地のデザインで、大胆なひし形模様がアクセントになった、涼しげなデイリーバッグ。持ち手は肩にかけられる長さで、使いやすくデザインされています。
ここでは紙バンドを使った雑貨を作る際に必要となる、レーシー編みについて解説します。丹念に編み上げていく技法は、手仕事の楽しさを感じられ、ハンドメイド好きにとても人気があります。マスターして色んな作品にチャレンジしてみましょう!
新着レシピ
野菜の中でももっとも親しまれている中国の健康野菜!高温で一気に過熱すると鮮やかな色になる特徴があり、食卓を華やかにしてくれます。油炒め、煮食、漬物なのに最適!トウ立ちする前に収穫するのがポイント。育て方について丁寧に解説していきます。
61views 野菜
以前100円ショップで買った可愛い手ぬぐい。これさえあれば、キャラメル包み型のシンプルなポーチがあっという間に作れてしまいます!ぽてっとした形も愛らしく、プレゼントにも喜ばれそうな作品ですね。
708views 布小物
エコクラフトRを使って作品を作るときに役立つ基本の編み方の中から、「井桁底」について解説します。ベースひもを井桁に組み、底面を編むことを井桁底といい、作品の基礎になることも多いので、覚えておきましょう!
カジュアル感とエレガント感が絶妙に融合したマキシスカートのレシピです。前中心には前立て風の飾りをつけました。程良くハリのある生地を使っているので、フレアの生み出すドレープの立体感が美しく表現できます。ウエストはゴム仕立てでラクな着心地に!
花の寄せ植えや家庭菜園など、園芸を楽しむ時に欠かせないのが「ガーデニング手袋(グローブ)」です。ケガや害虫、時には紫外線からお肌を守ってくれるので、ひとつ持っていると重宝します!ここでは種類や使い方を詳しく紹介しています。
161views 工具・道具

ぬくもりのイチオシ!

orgami disney_banner

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

楽しい!手芸の本がいっぱい!