MENU
ぬくもりは、ハンドメイド・手作り作品の作り方をご紹介するサイトです。 子どもや初心者さん向けの簡単でかわいいものから、上級者向けのレシピまで取り揃えています!
こどもの日やお正月に!折り紙で作る男の子向け兜のポチ袋の折り方(おりがみ)

こどもの日やお正月に!折り紙で作る男の子向け兜のポチ袋の折り方(おりがみ)

兜(かぶと)といえば男の子や、こどもの日! ちょっとしたお礼やお小遣い、お年玉などを、簡単にできる小袋に、 小さく四角折りにしたお札を入れてさり気なく渡しましょう。

折り紙で作る!男の子が喜ぶ兜(かぶと)のポチ袋の材料

正方形の紙(15cm角)

折り紙で作る!男の子が喜ぶ兜(かぶと)のポチ袋の作り方

中心に軽く印をつける

中心に合わせて折る

折り目をつける

★印のところをつまむようにして折る

右側も4~7と同様に折る

端の部分は内側へ、下はお札に合わせて折り上げる

できあがり

折り紙のレシピをもっと見たい方におすすめ!

「脳活性折り紙全書」では、今回紹介したレシピ以外にもたくさんの折り紙のレシピをわかりやすく丁寧に紹介しております。

関連記事
お年玉でおなじみのポチ袋ですが、お正月に限らず、普段でも利用できます!お友達にメモやメッセージや小物を渡すときに入れてみたり。ここではかわいいうさぎの顔が付いたバージョンをご紹介します。
染めの美しさを楽しめる「きもののぽち袋」です。衿、帯の色選びはまるで実際のきもののコーディネートのようにワクワクします。裾の部分は袋状になっていて、そこにお札を三つ折りで入れます。お年玉袋としてお正月に重宝しそうです。
紙を1枚用意するだけで、おしゃれなポチ袋を作ることができます!ここでは折り返しがかわいい「重ね」という作品の作り方をご紹介します。渡す相手によって、折り紙の色を変えてみるのもいいですね。
お正月でも大活躍!かわいいポチ袋を手作りしましょう。たった1枚の紙で熨斗が付いたおしゃれな袋が完成します。「ぽち」という言葉は小さい、ちょっとという意味を持ち、もともとは芸妓や茶屋女に与える「少額の祝儀」に由来しています。
千代紙や和紙の折り紙で折るとさらに美しく! お正月を象徴するアイテムで、楽しく賑やかな新年を演出。 柄入りの折り紙を使うと華やかさが出ます。 ※ここでは扇子の作り方のみ紹介。 だるま、こま、やっこだこは別レシピにて紹介!
新着レシピ
夏の暮らしに取り入れたいパッチワークのレシピ!薄地を使ったり、キルト綿を挟むことはしないので、軽い仕上がりに♪木立の柄をそのまま生かし、プリントの中にある色で作ったヨーヨーキルトを飾っています。木々の間を抜ける心地よい風を感じられそう!
縁起物を折り紙で作りましょう!願い事をしながら振るとそれが叶うと言われるのが打ち出の小槌は、金運アップのご利益がありそう!一寸法師の民話に登場し、一寸法師の体を大きくしたり、小判を出したりしているシーンは特に印象的ですよね。
夏になると持ちたくなるのがかごバッグ!カラフルなストリングつなぎに赤い持ち手が似合うバッグのレシピです。麻糸で編んだかごはナチュラルにも和風にもキュートなカラーにも合います。しなやかで布になじむのも魅力です。
手軽に折り紙で作れる小物たち!その場でさっと折れたらステキですよね!紙の選び方やちょっとしたコツだけでより良く作れるようになります!ここでは、絶対に知っておきたい基本的な情報をご紹介しますので、作品に取り掛かる前に、一度読んでみてくださいね。
カットウッドのアルファベット「HOME」に花のパターンをペインティング! 文字の形にカットされたような花のデザインは、広がる花模様をイメージできます。まるでボタニカルプリントの布地をアルファベットに貼り付けたような素敵な仕上がりになりますよ!
242views ペイント

ぬくもりのイチオシ!

orgami disney_banner

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

楽しい!手芸の本がいっぱい!