MENU
ぬくもりは、ハンドメイド・手作り作品の作り方をご紹介するサイトです。 子どもや初心者さん向けの簡単でかわいいものから、上級者向けのレシピまで取り揃えています!
レザークラフトの基礎「革ひも・パーツ&金具・用具」について

レザークラフトの基礎「革ひも・パーツ&金具・用具」について

世代・年代・男女問わずに楽しめるレザークラフト!ハンドメイドの世界でも人気のある分野の1つです。ここでは教科書のように、丁寧に基本的な情報をご紹介しています。基礎をマスターしたら、さっそく作品作りに取り掛かってみてくださいね。

革ひもについて

ここでは、主な革ひもの種類を紹介します。革ひもは大きく分けて丸ひもと平ひもの2つのタイプがあり、風合いや柔軟性など、大きな違いがあります。作るアイテムに適した形状、太さ、ハリ、色合いを選びましょう。

「革ひも」

レザーは水や汗などで塗れた状態のままにしておくと、変色、カビの原因になります。作品は風通しの良いところで保管して下さい。天然素材なので継ぎ目や弱い部分があります。
強く引っ張ると切れるので、注意しながら制作しましょう!

a「バフレザーコード」:柔らかく丈夫な水牛の革を使用。結んだり組んだりするのに最適なツヤのある丸革ひもです。カラーバリエーションも豊富ですが、色落ちに注意。

b「ティンレザーコード」:「ティン」は薄いという意味。組むときには芯を入れるときれいに仕上がります。

c「ボタニカルレザーコード」:植物性タンニンでなめしたヌメ革を使用。しなやかさとツヤ感が特徴の、高級平革ひも。

d「ヴィンテージレザーコード」:革ひもに色ムラを付けて毛羽立たせ、使いこなしたような風合いを出した丸革ひも。

e「アミレザー」:可能な限り細くした丸革ひも。表面はベロア調で、カラーバリエーションも豊富。

f「ポップレザーコード」:カラフルな色展開が特徴の平革ひもです。裏面を滑らかに加工しているので毛羽が少なく、程よい厚みが使いやすいです。

g「ブレィデッドレザーコード」:あらかじめ平革ひもを「4つ組み」したものです。手軽にレザーのアクセサリーが楽しめます。

「その他のひも」

a「ヘンプトゥワイン」:大麻(おおあさ)100%の、上質な麻ひも。チクチクしないのでアクセサリー作りによく使われます。太さ、カラーも豊富。

b「マイクロマクラメコード」:ポリエステルの糸に結びやすい樹脂加工を施したコードです。結んだ時に戻りにくく、結び目がきれいに見えるのが特徴。焼き留めができます。

パーツ&金具

ここでは、作品でよく使われるパーツや金具を紹介します。さまざまな種類があるので、使う革ひもに合わせて色やテイストなどを選びましょう。

「ビーズ類」

ウッド、金属、シェル、グラスなど、さまざまな素材のビーズがあります。作品のアクセントに取り入れすいアイテムです。革ひもが通りやすい、穴の大きいものを選びましょう。

「留めパーツ」

アクセサリーの留め具として使います。

「アクセサリー金具」

アクセサリーのジョイントやピアス金具。作品の始末に使うと、ぐっと本格的な仕上がりになります。

「チャーム類」

ペンダントトップにしたり、作品のデザインポイントに使います。

「パワーストーン」

ビーズになっているパワーストーン。革ひもが通りやすい、穴の大きいものを選びましょう。石の種類も豊富です。

「羽根・コンチョボタン」

作品のアクセントに使います。コンチョボタンは留めパーツとしても使えます。

「ストラップ金具など」

ストラップやキーホールダー、ウォレットチェーンなどを作るときに使う金具です。

基本の用具

道具を使わなくてもできるのが魅力ですが、便利な専用用具を使うことで、より早くきれいに仕上がります。あると便利な基本の用具を紹介します。

「目玉クリップ」

革ひもなどを固定するのに使います。写真のようにクリップではさみ、クリップをピンでボードに固定します。又は、コルクボードと一緒に革ひもをはさみます。バインダーなどでも代用できます。

「接着剤(レチックス)・竹ぐし」

ひも端の始末に使う、手芸用の強力接着剤。金属パーツも接着でき、乾くと透明になります。竹ぐしの先などを使うと、きれいに塗れます。

「はさみ」

革ひもを切るのに使います。

「ものさし・メジャー 」

革ひもの長さや、作品の長さを測るときに使います。

「目打ち」

結び目、組み目をほどいたり、革ひものたるみを詰めたり、細かい作業に使います。

「鉗子・ピンセット」

狭い結び目から、ひも端を引き出すときなどに使います。

「ペンチ」

丸カンの開閉など、金具やパーツを扱うときに使います。

「コルクボード」

ひもをマクラメピンやクリップで固定し、作業しやすくします。目盛りが入っていると、寸法の目安になるので便利です。

「ピン」

ひもをコルクボードに固定するときに使います。まち針や、プッシュピンなどでも代用できます。
※ピンを打つ時は、革ひもに直接打たずに、結び目の間やパーツに打つようにしましょう。

きれいに仕上げるPoint

★天然素材は優しく
革ひもは天然素材です。長いものには継ぎ目があったり、強度にムラがあります。引っ張りすぎると切れることがありますので、優しく扱いましょう。

★いつも同じ力加減で
結ぶとき、一定の力加減で引き締めるようにしましょう。力加減を変えてしまうと目が不揃いになってしまいます。また、ひも結びの場合、芯のひもがたるまないように、ピンと張った状態で結びましょう。

★ひもは余裕をもってカット
必要なひもの長さは、結び方やひもの種類によって変わります。ぬくもりでは、各結びの紹介ページに目安の長さを掲載していますが、余裕をもって長めにカットしましょう。
ひも端の処理が必要になってくるので、あらかじめ長めにしておきましょう。

関連記事
革の小物や雑貨を作り前に知っておきたい、金具「ターミナル(ギボシ)」のつけ方をご紹介します!
革の小物や雑貨を作り前に知っておきたい、金具「カシメ」のつけ方をご紹介します!
革の小物や雑貨を作り前に知っておきたい、金具「マグネットボタン」のつけ方をご紹介します!
革の小物や雑貨を作りときに知っておきたい、往復縫いの縫い方をご紹介します。往復縫いは、初心者におすすめの縫い方です。並縫いで往復して縫うだけなので、簡単ですよ!
革の小物や雑貨のハンドメイド作品を作るときに知っておきたい、型紙の写し方とハサミとカッターナイフを使った革の切り方をご紹介します!
新着レシピ
ゴムの結び目に差し込んで使用するポニーフック!ひとあじ違ったヘアアレンジが楽しめることでとても人気です。ここでは、太陽の光を反射して輝くビジューと、合皮、ラタンなどの異素材を組み合わせた手作りレシピをご紹介します!
コーディネートを格上げするネックレスを、お気に入りの和布で作りましょう!ご紹介するレシピは、なつめ形に巻いた布ビーズにさんご玉、角や骨で作ったビーズを組み合わせたお洒落でカジュアルなデザインです。おとなの女性にぴったりですよ。
おしゃれでかわいいエコバッグを手作りしましょう!身近な材料を使ってコスパ良く作れるおすすめレシピを厳選してご紹介します。マチのあるタイプ・無いタイプ、サイズの大きいもの・小さいものが勢揃い!気軽にチャレンジしてみましょう!
1211views まとめ
マザーオブパールとシェルチップを使って、真夏の海を連想させるブレスレットを作りました。ベーシックな巻き結びと斜め巻き結びをマスターすればOK。1つのパターンを繰り返して作るので、ひもを結ぶ楽しさを存分に味わえます!
ベビーハンガーを手作りしてギフトにいかがですか?ずっと側に置いて使って欲しい、そんな思いを込めた出産のお祝いにぴったりです。日常生活に使える雑貨はトールペインティングの中でも人気の作品なので、初心者の方もぜひトライしてみてください!
176views ペイント

ぬくもりのイチオシ!

orgami disney_banner

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

楽しい!手芸の本がいっぱい!