MENU
ぬくもりは、ハンドメイド・手作り作品の作り方をご紹介するサイトです。 子どもや初心者さん向けの簡単でかわいいものから、上級者向けのレシピまで取り揃えています!
ビーズがおしゃれ!「エタニティ風パールリング」の作り方

ビーズがおしゃれ!「エタニティ風パールリング」の作り方

今こそ作りたい、洗練されたビーズリング!こちらの作品は、並んだパールの間に透かしがあるデザインがおしゃれ。お手持ちのリングと重ね付けしても可愛い♪シーズンごとに色を変えて作っても楽しいですよ!

必要な材料と道具

*仕上がり:15号

*材料

【21/22/23】
・特小ビーズ(TOHO・21:No.557・金/22:No29BF/23:No.170D・水色No.170D)各416個
・スワロフスキークリスタル【SC】#5810(3mm・21:イラデサントダブグレイ/22:イラデサントタヒチアンルック/23:コーラル)各16個
・ビーズステッチ糸(One-G・21:PT15・オレンジ/22:PT21・ミントグリーン/23:PT20・ライトカーキ)各230cm

【24】
・特小ビーズ(TOHO・No.557・金)416個
・スワロフスキー・クリスタル【SC】#5810(3mm・コーラル)8個
#5810(3mm・イラデサントタヒチアンルック)8個
・ビーズステッチ糸(One-G・PT15・オレンジ)230cm

*道具
・ビーズステッチ針

作り方

1. 糸100cmの糸端15cmを残して特小ビーズ4個でショートカットラダーステッチを編む。

2.特小ビーズを2個ずつ通しながら1段に2目のヘリボーンステッチを編む。

同様に繰り返して、48段めまで編む。3の倍数の段には、1目めの2目めの間に特小を通す。

3.1段めと4段めをつなぎ、輪にする。 編み終わりの糸と、始めに残した糸は始末する。

4.スワロフスキー・クリスタルを通しながら2個のリングをつなぐ。
糸の流れに沿って通し戻し、間に通した特小ビーズまで移動する。

特小ビーズを拾いながらSC1個ずつを通してつなぐ。1周つないだら糸を始末する。

できあがり!

ハンドメイドアクセサリーのレシピをもっと見たい方におすすめ!

「ビーズfriend2019年秋号」では、今回紹介したレシピ以外にもたくさんのアクセサリーのレシピをわかりやすく丁寧に紹介しております。

関連するキーワード
関連記事
ゴムの結び目に差し込んで使用するポニーフック!ひとあじ違ったヘアアレンジが楽しめることでとても人気です。ここでは、太陽の光を反射して輝くビジューと、合皮、ラタンなどの異素材を組み合わせた手作りレシピをご紹介します!
マザーオブパールとシェルチップを使って、真夏の海を連想させるブレスレットを作りました。ベーシックな巻き結びと斜め巻き結びをマスターすればOK。1つのパターンを繰り返して作るので、ひもを結ぶ楽しさを存分に味わえます!
留め具部分のシェルボタンがポイント!革ひもにビーズを巻きつけて作るラップブレス。とびきり夏らしい涼しげな組み合わせを楽しんで作りましょう!存在感があるので、コーディネートのワンポイントにぴったりですよ!
爽やかなコーディネートに仕上がる!Tピン・9ピンに丸玉のウッドビーズを通した、直線と曲線をあわせ持った小枝風のアクセサリーです。ラタンパーツをつなぐクリップ形のバチカンは、直線的な星型をチョイスすることで、キリっと全体を引き締めています。
スワロフスキーとビーズの組み合わせはどの世代にも大人気!深く静かな水面を思わせる色やジューシーフルーツがはじけたような色が印象的なこちらのイヤリングは、カジュアルなデザインを格上げしてくれるカレイドスコープの精緻なカッティングが必見です。
新着レシピ
野菜の中でももっとも親しまれている中国の健康野菜!高温で一気に過熱すると鮮やかな色になる特徴があり、食卓を華やかにしてくれます。油炒め、煮食、漬物なのに最適!トウ立ちする前に収穫するのがポイント。育て方について丁寧に解説していきます。
61views 野菜
以前100円ショップで買った可愛い手ぬぐい。これさえあれば、キャラメル包み型のシンプルなポーチがあっという間に作れてしまいます!ぽてっとした形も愛らしく、プレゼントにも喜ばれそうな作品ですね。
708views 布小物
エコクラフトRを使って作品を作るときに役立つ基本の編み方の中から、「井桁底」について解説します。ベースひもを井桁に組み、底面を編むことを井桁底といい、作品の基礎になることも多いので、覚えておきましょう!
カジュアル感とエレガント感が絶妙に融合したマキシスカートのレシピです。前中心には前立て風の飾りをつけました。程良くハリのある生地を使っているので、フレアの生み出すドレープの立体感が美しく表現できます。ウエストはゴム仕立てでラクな着心地に!
花の寄せ植えや家庭菜園など、園芸を楽しむ時に欠かせないのが「ガーデニング手袋(グローブ)」です。ケガや害虫、時には紫外線からお肌を守ってくれるので、ひとつ持っていると重宝します!ここでは種類や使い方を詳しく紹介しています。
161views 工具・道具

ぬくもりのイチオシ!

orgami disney_banner

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

楽しい!手芸の本がいっぱい!