MENU
ぬくもりは、ハンドメイド・手作り作品の作り方をご紹介するサイトです。 子どもや初心者さん向けの簡単でかわいいものから、上級者向けのレシピまで取り揃えています!
1000円以内でできるプランター栽培「ベビーリーフレタス」の育て方

1000円以内でできるプランター栽培「ベビーリーフレタス」の育て方

気軽に1000円以内の予算でプランター栽培をするなら、「ベビーリーフ」がおすすめ!とても栄養価が高く、苦みなどのクセもなくて食べやすいので、人気の野菜です。そのままサラダとしてはもちろん、ピザやパスタにのせても美味しいですね♪

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

ベビーリーフレタス 基本情報

・キク科
・スタート/春・秋
・発芽適温/20℃前後
・水やり/毎日
・日当たり/良い場所
・土/水はけが良い

【特徴】
・ベビーリーフはビタミンやミネラルが豊富で、日当りの良い場所なら通年栽培できます。
・成長速度が早いため、ぐんぐん大きくなります。
・やわらかく厚みのある葉にするために、肥料切れや乾燥には特に気をつけましょう。
・10cm程に伸びてから葉を切り取ると再生するため、何度も収穫ができます。

種まきと収穫に適した時期

■種まき:2~9月頃 ■収穫:2~11月頃

準備するもの

★★Total金額の目安:約600円

・プランター[小型]

・培養土

・苗

苗は本葉が4枚~5枚程ついているものを選びます。土は元肥が入っているものを選びましょう。
寄せ植えも可能なので、数株を一緒に栽培したいときは大きめのプランターを使用します。

育て方

*ステップ1 植えつけ

根鉢を崩さないようにポットから取り出した後、根鉢の肩の土を丁寧に落とし、土に根鉢よりひと回り大きい穴をあける。

苗の根元を指ではさみながらそっと穴に苗を入れる。

プランターの植え穴に根が隠れるように、土をかぶせて軽く押さえる。

*ステップ2 摘み取り収穫

株の間が狭いと小ぶりに成長するので、適度に摘み取っていく。主枝を残すと収穫量が増える。

主枝が伸びてきたら、大きくなった外葉からハサミで切り取ると、内葉が成長しやすくなる。
この時期の葉はやわらかく、食べやすいので摘んだ後は、サラダの彩りに。

*ステップ3 追肥

追肥は必須ではないが、摘んだ直後に施すとその後の成長が早くなる。葉の色が悪い場合は、油かすなど窒素を含んだ肥料を施すと良い。

*ステップ4 収穫

放っておけばどんどん成長するので、早め早めの収穫を心がける。葉は成長しすぎるとかたくなるので注意。

摘み取り収穫の場合と同じように、大きくなった外葉からハサミで切り取る。

水や肥料を切らさなければ、成長速度が速いのもあり、長い間楽しむことができる。

寄せ植えにも!色とりどりのベビーリーフ

*レッドアマランサス

赤色のベビーリーフ。日の光を浴びるほど赤みが強くなる。本葉が3枚~4枚で間引き菜として利用し、好みの大きさになったら株ごと収穫する。

*スイスチャード

緑の葉に色鮮やかな赤い茎が映えるベビーリーフ。本葉が3枚~4枚で間引き、草丈20cm~30cm程で株ごと引き抜き収穫する。

*レッドからし水菜

赤紫色で切れ込みが入っている水菜風のベビーリーフ。同じ方法で栽培可能だが、株元から引き抜いて収穫する。

プランター栽培のレシピをもっと見たい方におすすめ!

「1000円以下でできるオーガニック菜園」では、今回紹介したレシピ以外にもたくさんのプランター栽培のレシピをわかりやすく丁寧に紹介しております。

関連するキーワード
関連記事
新発想!縦・横・仰向けの3パターンで行うユニークな培養土の袋栽培について、雑誌の読者さんから届いた成功事例とともに、ご紹介します。いずれも春から始められるものです。みなさんの菜園でも試してみませんか!
122views 野菜
更新: 2021-03-01 12:00:00
冬は堆肥づくりに最適の時期です。ただ、堆肥づくりには体力がいりますし、手間もかかります。混ぜる、切り返す、木枠をつくり直すといった大変な作業を省きつつもおいしい野菜が採れる、良質な堆肥に仕上がる方法をベテラン菜園家の田中寿恭さんに教えてもらいました。
300views 野菜
更新: 2021-02-26 12:00:00
野菜の中でももっとも親しまれている中国の健康野菜!高温で一気に過熱すると鮮やかな色になる特徴があり、食卓を華やかにしてくれます。油炒め、煮食、漬物なのに最適!トウ立ちする前に収穫するのがポイント。育て方について丁寧に解説していきます。
541views 野菜
更新: 2020-10-19 12:00:00
1坪でできる野菜作りの中から、おすすめのレシピをご紹介!ここでは、煮っころがしなどでおなじみの「サトイモ」の基本情報、種まき時期、育て方など、上手に作るためのコツを解説していきます。暑さに強く乾燥に弱いのが特徴です。
1013views 野菜
更新: 2020-10-11 12:00:00
たった1坪の土地さえあれば、野菜作りも十分にできます!ここでは生で食べても、炒め物にしても美味しい「ピーマン」の基本情報、種まき時期、育て方など、上手に育てるためのコツを解説しています。
781views 野菜
更新: 2020-10-03 12:00:00
新着レシピ
浴衣地のはぎれを組み合わせ、デニム地とコラボしたクラッチバッグのレシピです。夏の和装、カジュアルなパンツルックにぴったり!大柄の浴衣地を裏布に使い、ふたを開けたときもおしゃれなデザインに。肩ひもを付ければショルダーバッグとしても使えます。
更新: 2021-03-02 12:00:00
新発想!縦・横・仰向けの3パターンで行うユニークな培養土の袋栽培について、雑誌の読者さんから届いた成功事例とともに、ご紹介します。いずれも春から始められるものです。みなさんの菜園でも試してみませんか!
122views 野菜
更新: 2021-03-01 12:00:00
ハギレを組み合わせて出来上がる作品の中から、ミニチュアサイズがとっても可愛いストラップのレシピを紹介します!レトロな袴スタイルがおしゃれ!バッグやお財布、キーホルダーにちょこんとつけてお使いください。バックスタイルも本物みたいですよ!
584views 布小物
更新: 2021-02-28 12:00:00
作成中も、使っている時もワクワクが止まらない素敵な作品がこちら!「使うのがもったいなくて飾っておきたくなるような、かわいいバッグを作りたかったのです。何回もチューリップの試作をして、やっと出来上がりました。大満足のバッグです。(作者)」
更新: 2021-02-27 12:00:00
冬は堆肥づくりに最適の時期です。ただ、堆肥づくりには体力がいりますし、手間もかかります。混ぜる、切り返す、木枠をつくり直すといった大変な作業を省きつつもおいしい野菜が採れる、良質な堆肥に仕上がる方法をベテラン菜園家の田中寿恭さんに教えてもらいました。
300views 野菜
更新: 2021-02-26 12:00:00

ぬくもりのイチオシ!

orgami disney_banner

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

楽しい!手芸の本がいっぱい!

get_app
ダウンロードする
キャンセル